2017年1月31日火曜日

2017年1月29日日曜日

大根を干した


今日は第1畑の大根を全部引き抜き、干すことにした。

義弟が植えてくれた、キュウイの大きな苗はしっかりと活着しているみたいだ。


第1畑に着くと、レタスが鳥の被害にあっていた。

寒冷紗をかけることにした。


大根を引き抜いた。

ひもで結んで小屋に吊るした。



収穫をした。

芽キャベツを収穫。

 ナバナも。


キャベツ、ハクサイ、ネギ、コマツナ、コカブ等々を収穫。

娘夫婦に送ろう。



2017年1月28日土曜日

一つ前の駅から歩く


24勤務明け。
午前11時前に仕事を終えた。

いい天気だ。

今日は一つ前の駅から歩こう。

小さな川に何か泳いでいた。



たくさんの大きなコイだった。

段差のある上流には十数匹が群れを成していた。


古い街並みを通り過ぎ、田園地帯に入る。


所々、森の中に新興の住宅地がある。


何を植えるのかわからないが、いつでも植えられるように、畝立ては完了。


ネギ畑。

何度も刈り込んで出荷する。


プロの畑は本当にきれい。


自分の畑まで行ってみた。

風でビニールが飛ばされている畝があった。

ヒヨドリなどが結球し始めた、ハクサイの葉を食い荒らしていた。

明日は休みだ。

畑に行き手直ししなければいけない。


畑からの帰り道、ご近所さんの庭にヒヨドリが止まっていた。

こいつか、こいつの仲間が畑の白菜やブロッコリー、キャベツ等々を食害しているのかも。

まあ、今止まっているヒヨドリはかわいいから、つい、自分のほほが緩むのが分かった。


2017年1月26日木曜日

また歩き始めた


今日の仕事は数か月ぶりに午後4時前に終了した。

明るいうちに仕事を終わることができることが本当にうれしくなるから不思議だ。

正月から食べすぎ飲みすぎで体重が2キロも増えてしまった。

何とかせんといかんと

また、歩くことにした。

自宅から駅まで約1.6キロある。

登りあり下りありそしてまた昇る。

いい運動になる。

そして、気持ちもすっきりする。





山の中腹まで登ってきた。

先ほどのマンションが遠くに見える。

いつまで続くかわからないが、体重が55キロになるまでは頑張りたい。



2017年1月23日月曜日

幻庵


「幻庵上巻」を読み終えた。

幻庵は百田尚樹さんの小説です。

江戸時代の囲碁を職業とする方々の物語。

江戸時代は265年間続いた。

始まりは1603年。

終わりは1868年。

この物語の主人公は1804年9月に登場する。
7歳だった。

明治元年まで64年を残す本当に江戸の末期の頃だ。


私は囲碁をしたことはたった3度しかない。

一応、本を読みどんなゲームなのかは理解したつもりだった。

18歳で大阪に出てきたときに、たまたま囲碁盤があったので
私より少し兄貴の方と打ってみた。
全く歯が立たず、それ以来囲碁はやっていない。

そんな、囲碁を知らない私でもこの小説「幻庵」は面白い。

百田尚樹さんの出ているユーチューブなどを見ると、あまり話し上手ではないといつも思う。

しかし、小説は別だ。

本当に引き込まれる文章を書く。

周りがどんなにうるさくても、小説を読んでいると、その本の中に入り込める文章力がある。

今日から「幻庵」下巻を読んでいる。

どんな結末になるか最後のページを見たいが、それを我慢して読むのもまた楽しみだ。


2017年1月22日日曜日

仕事帰りに星を撮る




残業の仕事を終え駅の東の坂で迎えの車を待っていた。

空を見るとオリオン座が綺麗に見えた。

ベテルギウス、リゲル、シリウス、プロキオン・・・

倍率を拡大して撮ろうとしていたところに、迎えの車が到着。

慌ててシャッターを押した、画像が下の一枚。

これも、なかなか味があっていいものだ。


2017年1月16日月曜日

通り道の模様


通勤で歩く狭い道がある。

ここには気になる模様がある。

強烈な恨みを持った目をしている人間か動物の顔だ。

それは一つではなく、三つもあるようだ。

左を向いた顔、右上から左後ろをにらむような眼、そして左に向き口を開けている動物。

この頃、そんなものに目がいく。

年齢を重ねたからか。


2017年1月14日土曜日

池井戸潤 かばん屋の相続


銀行ものだ。

そして、ミステリー。

6つのタイトルがある。

はじめは 「十年目のクリスマス」

周到に準備された倒産劇だった。

世の中にはこんなこともあるだろうと思わせる。

賢い社長だ。


それと、対照的なのが 最後の「かばん屋の相続かばん屋の相続」

兄弟の骨肉の相続争い。

なんか、京都であった話を思い出した。

倒産するのが分かっていた、死ぬ間際の社長。

そのことを知らず、一流の銀行で出世レースから外れた、エリート意識満々の長男が
ごり押しで会社を引き継ぐ。

しかし、すぐに多額の保証人になっていることが分かり、にっちもさっちも行かなくなる。

従業員の大半は弟が新しく立ち上げた会社に元の会社を辞め行った。

物作りの会社が、その物を作る職人がいないことはさらに致命傷に。

銀行での出世をあきらめ、社長と言う言葉に周りが見えなくなった。

わしは賢いんだという、エリート意識が更に盲目にさせたのだろう。

最後の数ページのどんでん返しが楽しみで、最後を見たいと言う欲求を抑えながら読むのはすこしつらかった。




2017年1月13日金曜日

ジャガイモ収穫


二回目のジャガイモ収穫。

前回はジャガイモの葉が茂っていた。

今回は御覧のように、完全に枯れていた。



前回収穫した大きさの倍くらいになっていた。

葉や茎の栄養分が全部、ジャガイモの中に還流したのだろう。

今夜の晩御飯に野菜サラダの材料にジャガイモが出てきた。
いい味だった。

ジャガイモの収穫後はほかの野菜の収穫に取り掛かった。

ダイコン、コマツナ、ホウレン草・・


アスパラガスの畝に土を被せた。


白菜とキャベツ、ブロッコリー、京水菜、を収穫。


九条太ネギも収穫。



ナバナ、コカブ、結球レタスを収穫。


お隣で野菜を作っている、私より一回りも先輩にジャガイモのおすそ分けをした。

この辺では数年前、猪の被害があり、ジャガイモやサツマイモを作る方が少なくなった。

お隣さんもその一人だった。

自分が作っていない野菜なので喜んでいただけた。


2017年1月11日水曜日

道路の白線は芸術家かも


道路の白線を見るのが好きだ。

白線の欠けたところが、私には人の顔や動物に見えることが多い。

一枚目の画像には羊が笑っている顔と

下の部分には苦虫を噛み潰したようなおじさんが見えた。



この画像には、瞑想する男の人が見えた。

長いあごひげがあるので、大分歳を召した方だろう。


2017年1月6日金曜日

レタス定植


レタスを定植した。

左の畝には結球レタス。

真ん中と右の畝にはリーフレタスを植えた。

寒い時期なので立派に育つかどうか心配だ。

様子を見て、透明マルチのトンネルをかけようと思う。


2017年1月5日木曜日

初耕し


2017年平成29年度初農作業だ。

第1畑のナスと唐辛子を植えていたところを耕し畝を立てた。





畝幅60センチの畝を3畝立てた。

ここにはレタスを定植する予定だ。



シカク豆の種を採取した。

シカク豆は栄養がたっぷりあるとネットに書いてあった。

今年も一畝をシカク豆に当てて、食べたい。

シカク豆は発芽させるのに苦労する。

何回にも分けて種まきをし、何とか成功させたい。

今日の作業は午後3時に終了した。

初日から頑張ると後が続かないと、自分に変な言い訳をして、自宅に戻った。


2017年1月4日水曜日

シボリカタバミ



今年も綺麗に咲いてくれました。

お向かいの方からご旅行のお土産としていただいた、シボリカタバミです。

お土産のお菓子はすぐに無くなるけど、

植物はいいね、毎年その頂いたころのことを思い出させるから。

いい思い出だから、よけいいい。


2017年1月2日月曜日

月と宵の明星 今年も一年楽しく生きれそうだ


2017年 1月2日

午後17時52分

西の空を見上げると、上弦の月とその月の左に宵の明星が明るく輝いていた。

感動の天体ショーだ。

本当に感動ものだった。

右のポケットからZ3を取り出し、1枚撮った。

宵の明星はご存知のごとく、金星だ。

2016年9月ごろから、2017年3月末ごろまで見ることができる。

それを過ぎると、見えなくなる。

次、金星が見えるのは2017年4月ごろだ。

名前を変えて、明けの明星になる。

日の出約30分前、東の空にキラキラと輝いて見える。

2017年11月ごろまで見える。

私はこの明けの明星を見ながら、一日の仕事を始めるのが好きだ。

今年も私の愛読書「はじめる 星座ウオッチング」を毎日持ち、星座を確認して覚えたい。

それに加え、スマホのアプリ 「Skyマップ」を起動し、星空の星たちを確認し、その画面を撮り、後日の勉強に生かしたい。

生きることは本当に楽しい。

明るい空を見て雲の名前を言い
夜の空を見て惑星、星座を見てその名前を言い当て遊びを一人でする。
花を見て、草を見て、その力強く生きる力に感動する。
隙間時間を利用し、本を読む。
本を読みながら音楽を聞き、スマホのアプリを利用し、英会話を聞く。
Duolingoを連続して毎日やることに生きがいを感じる。
自然の土を耕し、汗を流し、野菜を作り、それを配り、喜ぶ顔が見れる喜びがある。
酒を飲み、ほろ酔い気分でブログを更新する。

今年も楽しい一年になりそうだ。

生きる喜びに感謝だ。













2017年1月1日日曜日

歯の本と今年の目標


年末に歯の本を読んだ。

その本の名は

歯は磨いてはいけない

森昭著

講談社発行


目から鱗だった。

私は今まで、食べたら磨く、これを何十年も続けてきた。

歯の健康診断のたびに、よく磨かれてますと、言われた。

しかし、下の歯は磨きすぎで葉が伸びていると、いつも注意を受けていた。

この本を読んで、自分は間違っていたことを知った。

食べてすぐに磨くことは完全に間違っていた。
食べた後すぐは歯は柔らかくなっている。
唾液がカルシウムを再生し葉を強くする時間がいる。
すぐに磨くと歯を削っていることになる。

そして、デンタルフロスを使用すること。

私は一度も使ったことは無かった。

早速、3階にある「ココカラファイン」に行き、二つデンタルフロスを購入。

会社と自宅で使用するためだ。

この本に書かれてあることを忠実に実行し、現在21本ある、自分の歯を80歳まで保つことができれば一番いい。

1月1日

娘夫婦が我が家に年始でやってきた。
この「歯は磨いてはいけない」の本をプレゼントした。
いいことが書いてあるから、読んで、実行してほしい。


最後に今年の目標。

①月に最低5冊読書

②Duolingoを毎日継続すること、最低30xp達成

③いい野菜を作ること、種類も多く

④新聞を最低2紙読む

⑤三線

⑥ブログはぼちぼち

⑦仕事はたんたんと

⑧デンタルフロス起きた時と寝る前