2017年5月28日日曜日

トマトの定植と玉ねぎ収穫



7時前に畑に向かった。


デンドロビュームはバベの木に着床させた以外にもう一つある。
それは、金木犀に着けたものだ。
今年初めて花を咲かせてくれた。
本当に花はいい。

移植したカボチャの苗はついたみたいだ。



萎れていた茎も葉もピンとしてきた。
十分に水を吸い上げているのだろう。
まずは一安心だ。

今日は中生の玉ねぎを収穫した。




引き抜き、半日ほど日差しに当て、それから5玉ずつ縛り吊るした。


約330個あった。

6月になると、最後の晩生が収穫だ。
これも300個は超えるだろう。
ご近所様におすそ分けしなければいけない。

今日もトマトの芽欠き苗を定植した。
これで、最後だ。
苗を掘りあげ、約40センチ間隔で植え付けた。



支柱も立てた。


そして、二つの畝には、コマツナの種とベンリ菜の種を蒔いた。
例年トマトを植え付けるところには元肥をやらないのだが、今年は全畝に発酵鶏糞をまいてしまった。
肥料過多になるとトマトが暴れる。
少しでも軽減するためには、栄養を取ってあげなければいけない。


最初に植え付けたトマトの畝にはもうコマツナが収穫できるほどに大きくなっている。
トマトの肥料過多も少しは軽減しただろう。
コマツナを収穫したのちには石灰を蒔いてさらに肥料過多を軽減したい。

畑周りの草刈りもした。


ご近所様が見ても、気持ちいいぐらいになった。

多数の方が近くで畑を楽しんでいる、家庭菜園では見た目も大切だ。

いよいよ、次の休みにはたけのこ芋取り掛かかりたい。
力仕事になりそうだ。


2017年5月27日土曜日

トマトの芽欠き苗を植えた


24勤務明け。
昼過ぎに自宅に戻った。
昼飯を食べて、すぐに畑に向かった。
畑までの道のり、いろいろな花を見ながら歩くのは楽しい。


今日はトマトの苗を移植した。


トマトの芽を欠いて、土に突き刺しただけで、立派な苗ができる。
毎年やっていることだが、こんな苗でもいいトマトができるから、植物は不思議なのもだ。

先日片付けた、エンドウの後の畝に植え付けた。


エンドウの支柱が利用できて、楽だ。

トマトを定植したのち、第1畑に向かった。

たけのこ芋(京芋)が大きくなっていた。


草も茂ってきた。
そろそろ、白マルチを剥がし、除草後、追肥と土寄せをしなければならない。

畑をやっていると、本当に次々と作業があるものだ。


2017年5月24日水曜日

カボチャの苗を移植した

 でんどろの隣に植わっている、カシワバアジサイの花も勢いがついてきた。
庭にいろいろな花が咲いているのを見るのは楽しみだ。


中生の玉ねぎが倒伏していた。
次の休みには収穫せねば。


今日の作業は
エンドウの残渣を片付けること。
そして、カボチャの苗を移植すること。


 水路横の畦道にタンポポがまだ咲いていた。
花を見ると、ついつい撮ってしまう。


エンドウの畝も綺麗になった。
ここには、トマトの芽を欠いて、苗を作ったのを植える。
この作業は次の休みの予定。

今日はまず、カボチャだ。



16株植えた。
ものになるだろうか。


第2畑にはまだまだカボチャの苗が多数植えてある。
3から4粒蒔いた種が全部発芽して大きくなっている。
これも、次の休みには一本立ちにする予定だ。


バベの木に着けた デンドロビューム


今年も我が家のバベの木に着けた《デンドロビューム》が咲いてきた。
これは5月19日の画像です。

そして、5月22日の画像がこれ。

5月23日。

5月24日。
満開になった。

畑に出発する前に撮った。
『行ってらっしゃい』『頑張って!』
と、声をかけられている気がした。






何にも世話をしないのに、毎年綺麗な花を咲かせてくれるデンドロビューム。
本当に感謝だ。
植物は偉い。
私も植物の生命力に負けないよう、植物の生命力の一部を体に受けて、これから来る人生を頑張りたいものだ。




2017年5月20日土曜日

スイカの畝に防獣除けの網を被せた


バラの花に癒され、腰にぶら下げているポーチに入れているスマホから流れる、中島みゆきさんの≪ミュージシャン≫を聞きながら、畑に向かった。
《ミュージシャンはいいですね。特に12歳の頃野球選手になりたかった・・ここになるといつも涙がにじんでくるから不思議だ。自分の将来の希望を何も持っていなかったあの頃を反省している自分がいるからだろう。》

今からでも遅くないと思っている。

これからの自分をどうしたいのか。
なにになりたいのか。

しっかりとこれからを見据えて、12歳の頃に思い描けなかったことを、描きたいものだ。

こんなことを考えながら、歩いていると、畑が見えてきた。
今日は仕事休み。
思い切り楽しみたい。


大阪湾方面を見ると、りんくうびるがみえる。




あの橋も車で何度もわたった。
明日は、電車であの橋を渡る。

さあ、畑作業だ。

まずは水入れから。
この頃雨が降らないので、かかせない作業だ。



第1畑と第2畑の野菜たちに水をやった。
これも、結構時間がかかるものです。

今日のメイン作業はスイカの畝にネットを被せること。

黒マルチの上に更にスイカのツルがつかまりやすいようにネットを追加で敷いた。



網を被せた。
隙間が無いように、麻ひもで結んだ。
ピンセットが針の代用だ。




スイカの花が咲き、小さな実が、大きくなる頃に、完全に外部から入られないように、遮断する予定。

私はそんなにもスイカを食べない。
耕し、畝を立て、苗を植え、柵をし、雄花を雌花に受粉作業をし、印をつけ、収穫する。
こんな作業をして、私が食べるのは毎年のことだがスイカふたきれぐらいだ。

何が楽しみなのかと思うことがある。

作るのが楽しみなんだろう。

受粉した雌花の小さな実がどんどん大きくなるのを見るのが楽しみなんだろうな。


バラの季節だ


このあたりの住宅は花が好きなご家庭が多い。
季節ごとにいろいろな花を咲かせているのを見ることが楽しみだ。
この画像のおうちは特に際立っている。
春、夏、秋、冬と本当に花が途絶えないように植え分けて、私を楽しませてくれます。

今の季節は

バラの季節です。



畑作業に行くときに、いつもこの花に癒されます。


2017年5月17日水曜日

竹を伐りスイカの防護柵を


いい天気だ。
日差しも強くなく、こういうのを畑日和と言うのだろう。

今日の作業予定は
①ジャガイモの土寄せ
②竹伐り
③スイカの畝の害獣防護柵
④収穫


第2畑前に植えている、ジャガイモ。
花が咲いてきているのを、芽摘みしながら、テントウムシダマシを捕殺した。
あれほど多かったテントウムシダマシは二匹しかいなかった。
数日前に4リッターのペットボトルで捕獲したのが良かったみたいだ。
今日はこの畝を土寄せした。


第1畑のたけのこ芋(京芋)は順調に育っている。
水入れをした。


第1畑には二畝ジャガイモを植え付けた。
その中の一畝を土寄せした。


キャベツを3個収穫。
虫食いが大分多くなってきた。
しばし、虫取り。


第2畑の小屋前のジャガイモの畝を土寄せした。

次の作業は竹取りだ。


第1畑の川に入った。
川の両側は木々がうっそうと茂っていて、昼なお暗い表現がぴったりだ。
竹を伐り、畑にあげて、枝を払った。

第2畑に持って行った。



Uパイプを畑の周りに打ち込んだ。
これに竹を括り付け骨組みを作る。

竹が足らなくなり、また竹伐りに川に入った。


完成した。


網をかぶせるのは、次の仕事休みにしたい。


収穫に取り掛かった。

画像を撮り、ラインで外国の友人で関西に仕事に来ている方に画像を送った。
 I will bring the vegetables harvested tomorrow.


彼は単身赴任で来ている。
食事は3食自分で作っている(らしい)。
料理の写真を見せてもらったことがあるが、腕前は職人並みと思った。
持っていく野菜でどんな料理を作って見せてくれるか楽しみだ。

今日最後の作業は水やり。
第2畑に行き、水をやった。


移植した、ブロッコリーは大分大きくなってきた。


キャベツも外葉が大きくなってきた。


トマトは第2段まで花が咲いてきた。


ナスも順調。


ピーマン、パプリカ、万願寺唐辛子も順調。


数日前に摘心したゴーヤは側枝が多数出ていた。


今日も予定通りできてよかった。

残念なのは、Duolingoを100問題やっているときに、めちゃ眠くなり、30分タイマーをかけて、寝ては起きてはと問題をこなした。
原因はお湯割りの焼酎の飲みすぎだ。

やっと終わったときは22時を回っていた。