2017年6月29日木曜日

読書と読書感想 池井戸潤 アキラとあきら


一気に読んだ。
これは言いすぎか。
連日の雨で予定していた畑作業は出来ず、収穫のみで終わった。
時間がある。
晴耕雨読。今日は雨読の日だ。

この小説は本当に一気に読める小説だった。
700ページある。文庫本では厚い部類に入るが読むのに苦労はしなかった。

幼いころの君は、どんな音を聞いていた?
幼いころの君は、どんな匂いを嗅いでいた?

これが小説の始まりの文である。

伊豆の片田舎の工場、ここから物語は始まった。

そして小説の終わりもここだった。

登場する人物が後々全部つながってくる。
運命の糸に結ばれているように。


今でも涙がにじんでPCの画面が見にくくなるほどだ。

池井戸さん小説はまだそんなにも読んでいない。
陸王
民王
下町ロケット
七つの会議
空飛ぶタイヤ上下
鉄の骨
かばん屋の相続
シャイロックの子供たち
読みかけの架空通貨
そして、アキラとあきら

たったこれだけだ。

いろいろな本を読みたいが毎月最低1冊は池井戸潤さんの本を読まなければ損をしそうな気がする。


雨で収穫のみ


連日の雨で、畑はぬかるみ、予定していた作業は何もできなかった。
それでも、野菜たちは成長し、生るのものは生る。

第1畑に行き、インゲンを収穫した。

ビニール袋一杯になった。
一気に収穫のピークを迎えた感じだ。

大根を一つ引き抜いた。

キュウリを5本収穫。

第2畑に向かった。


キャベツを一個収穫。


トマトを多数。
これが一段目のトマト。
これから2段3段目と最終的には7段目まで次々と順次実が生っていく。
病気にもかからず、今年もトマトは大成功だ。

ゴーヤが一つゴーヤらしくなっていた。
あと、数日で収穫できそうだ。


スイカは大きな玉が十数個ある。
6月9日に受粉したものは7月半ばには収穫できそうだ。


ナス、ピーマン、万願寺唐辛子、ブロッコリー等を多数収穫した。


ナスにはテントウムシダマシが5から6個ついていた。
もちろん、すぐ捕殺。
なんか、ニンニクの魔除けも大して効果がないみたいだ。
いや、ニンニクの魔除けが無ければ、もっとテントウムシダマシが増えていただろうと、考えると、苦労して吊るした意味がある。
極力農薬を使わないで作物を育てるのは苦労する。

心を入れ替えて、無農薬から減農薬に変身しようかとも思う。

いつものように収穫した野菜を両手に持ち、坂道を何度も休み休み自宅に戻った。


2017年6月26日月曜日

トマトの畝に防カラスネット


数日前、トマトは初収穫した。
そして、今朝見ると、他の実もどんどん赤く熟してきた。
カラスの被害を避けるための、ネットをしなければいけない。


キャベツの全てが収穫を待つ状態になっていた。
キャベツ料理を毎食取り入れないと、食べきれない。


スイカは順調に育っている。


たけのこ芋も順調だ。


インゲンも本格的に生ってきた。


キュウリはどうか。


初収穫した。
これからはどんどん収穫できるだろう。


オクラはまだまだ。

トマトの畝に寒冷紗をかける前に草刈りをした。

第2畑周り、第2畑から第1畑までの通路、そして第1畑の土手。
刈り払い機の燃料を2度入れるくらい、時間をかけて頑張った。
夏は草が大きくなるのが早いので7月初旬にはまた草刈しなければいけないだろう。
綺麗になった畑を見て満足、満足。

しかし、しおれたカボチャの茎を見つけた。

私の草刈りで茎を根元から伐ってしまったみたいだ。
残念。




トマトの畝を寒冷紗で覆った。


ここは本当にカラスの被害が多い。
一度カラスに目をつけられると、全部被害にあう。
一個丸ごと食べるならいいが、甘い所だけつついて、何個も被害を与える。

この寒冷紗のネットを被せることでカラスの被害は全くなくなった。
ネットを被せることも毎年やっているので、作るのが早くなり、苦になることは無くなった。
洗濯ハサミを使うことで、取り去るときも楽になった。

収穫をして、本日の畑作業は終了。

大きくなったブロッコリーをお隣で畑をされている80前の方にお渡しした。
夏にブロッコリーを作る人が少ないので皆さん喜んでくれるからうれしい。
スーパーのチラシで価格を見ると、一個250円を超えるのが多い。
他の野菜と比べると本当にいい値段をしているものだ。

自宅に戻り、シャワーを浴びた。
愛車スズキST250にまたがり、運転記録証明書を申請しに出かけた。
駅前の交番に寄り、おまわりさんに申請用紙を頂き、すぐ近くの郵便局に行った。
用紙に必要事項を書き込み、ATMに入れ、料金を支払って終了。
払込金額 630円 料金 80円 合計710円
郵送で送ってくるそうだ。
送られてきたら、すぐに会社に届けなければいけない。
仕事で車を乗る機会が多いので、必要な書類なのだろう。


2017年6月24日土曜日

収穫




24勤務明け。
2時間ほどの残業をし、午後12時過ぎに自宅に戻った。
もう、何日も畑に行っていない。
すぐに畑に向かった。

スイカを見た。


大きくなっていた。


これは6月9日(金)に受粉した。
あれから15日経ったか。
スイカは気温にもよるがだいたい受粉してから35日から40日らしい。
と、言うことは早くて7月の半ばには収穫できるということになる。
ツルの付け根の巻きひげも枯れているかどうか確認して収穫したい。



ナスが多数大きくなっていた。
今年のナスは上出来だ。
いい塩梅なものを全部収穫した。


ブロッコリーは大きくなりすぎていた。
私の顔ほどに育ったものもあった。
数日畑を留守にしただけでこんなにも大きくなるものなのか。
もちろん、全部収穫した。


キャベツも収穫時期を迎えていた。
一遍には食べられないので、今日は一玉だけ収穫した。

トマトも赤くなっていた。
3個収穫した。
これからどんどん赤く熟するだろう。
早急に寒冷紗のネットで畝全体を覆わないと、カラスの被害にあう。
この付近はすぐ近くの山にカラスのねぐらがあるせいか、
トマトやトウモロコシ、そしてキュウリまでも食い荒らされる。


第1畑に行った。

インゲンが生っていた。
まだまだ少ないが、今年初収穫だ。

遅くに蒔いた、オクラ、キュウリも大きくなっていた。

一人で持てるだけ、収穫した。

いつものように、自宅までの坂道を何度も休みながら、登って行った。




2017年6月18日日曜日

Duolingo


Duolingoを始めてから途切れることなく、本日で連続576になった。

50xp終わった段階で突然

≪あなたの英語の語学力スコアは現在76%です!≫

と、現れた。

年をとっても、本当にうれしいものだ。

まだまだやるぞ~。



2017年6月17日土曜日

スイカ畑に害獣除けのネット


畑に着き、一番に見たのはスイカ畑。


6月9日(金)に受粉したのが大きな実に育っていた。
これは、もう完全に害獣ネットをしないと、やられる。
空からはカラス、地上からはアライグマ、こいつらは小さな隙間でも探して入ってくる。
今日中にネットを完成することに決めた。

その前にまずやることは水やりとトマト、ゴーヤ、ナスの手入れだ。


水をやりながら、野菜たちを見た。
ブロッコリーは大きくなり、もう収穫時期だ。

トマトはもう3段目まで大きくなっていた。


ナスも順調だ。


大きな葉に虫のかみ跡はあるが、虫は見えない。
泉州みずなすも立派になっていた。


とげなしのナスも順調だ。


今年のゴーヤは生育がいい。


小さな雌花が実をつけていた。


野菜たちの水やりも、たけのこ芋(京芋)の水やりもおえた。


メインの作業に取り掛かった。



途中まででおいていた網を全体に覆った。


こぶし一つの隙間も空かないように、紐で何度も何度も繰り返し網を結んだ。
なんか、エンドレスの作業をしているみたいだった。


出入り口の所は板で押さえた。


もう一度、隙間は無いか、確認し修正した。
これで、小さなミツバチは入れるが、それ以上の大きな害獣は入れない。

やられることなく、大きく育ってくれ。
収穫まで後40日から45日。


2017年6月9日金曜日

ストロベリームーン




娘からLINEがあった。
ストロベリームーンが見えたがちっとも赤くない。普通だと。

早速庭に出て、月の写真を撮った。

一番目がオート撮影したもの。
2番目3番目が少し手を加えたもの。

話題に参加できてよかった。


たけのこ芋の除草追肥土寄せ その他


大雨が降った後だから水やりはいらない。
畑で最初にやるのはトマトの紐かけ。
そして、ゴーヤ、ナスの手入れ。
カボチャの摘心もした。


本日のメインの作業はたけのこ芋(京芋)の除草追肥土寄せの続きだ。


トマト等の手入れが終わり、スイカ畑を見た。
雌花が多数咲いていた。
受粉作業に取り掛かった。



10個ほど受粉し、本日6月9日(金)の日付を書いた竹を近くに差し込んだ。
これが、収穫時期の目安になる。
無事に大きく育ってくれればいいが。

ナスの栄養は足りているみたいだ。


雌花は雄花より突き出ている。
花の色もかなり濃い色だ。


収穫できるほど大きくなった実が多数あった。
12日に娘が来るらしいからそれまでおいておこう。
V字支柱に3本仕立てにするために茎を麻ひもで誘引した。



ブロッコリーの頂花蕾が大きくなっていた。
あと1週間もすればかなり収穫できそうだ。
これも12日に娘に持って帰っていただこう。

メイン作業に取り掛かった。


草が大きくなりすぎて、除草は大変だった。
一畝するごとに5分休憩しながら頑張った。




追肥、土寄せ後、水入れをした。
今年もたけのこ芋(京芋)はいい雰囲気で育っている。
昨年以上にいいものが出来そうだ。

イチゴを収穫後、第2畑に戻った。

キャベツに青虫が多数。
かけていた寒冷紗を外した。


隣に植えているブロッコリーにも青虫が多数。
ここのブロッコリーはまだ頂花蕾が出ていない。
(頂花蕾が出ているのは第1畑のブロッコリー)


ブロッコリーとキャベツに青虫対策の消毒をした。
収穫化までには2週間以上かかるからいいだろう。
もっと早めにやればよかった。

ジャガイモの試し掘りをした。


なんと、なんとかなり大きくなっていた。

これなら上出来だ。

今年は5畝ジャガイモを植え付けた。

この画像の第2畑の小屋前の畝は3畝ある。
かなりの収穫が見込めそうだ。

これも12日に娘に持って帰っていただこう。