2017年4月26日水曜日

夏野菜の植え付け


ヤフーの天気予報を見ると、午後12時ごろから雨が降り出すらしい。
その頃までに、昨日購入した、夏野菜の苗を定植したい。
しかし、明け方、外を見ると、もうすでに小雨が降っていた。
植えられない程降っているわけではない。
7時30分ごろ家を出た。
土手上から畑を見ると、藤の花が咲いていた。


大きな木に絡まって、藤の花は咲いていた。
この付近は藤の花が多い。
私の第1畑周りも藤の花が咲き誇っていた。
この画像は後ほど撮りたい。


今日はこの苗を全て植えるつもりだった。
≪しかし、9時過ぎから、本格的な雨になり、半分も植えることが出来なかった。≫

第1畑に置いてある、黒マルチを取りに行った。

ついでに、野菜たちの今の画像を撮った。



順調に育っている。
京ミズナも移植して大きく育てたいが、今日は出来ない。


イチゴが三個赤くなっていた。
実は小さい。
栄養が足りないのか。
次の休みに液肥を追加しよう。


小雨の中、ナスとパプリカ、ピーマン、ししとう、万願寺唐辛子の植え付けは完了した。


この畝、全部が夏野菜になる。
次の夜勤明けの日にすべて完了したいものだ。


風で倒れないように、支柱に紐で苗を結びつけた。

ナスとシシトウ類の株間は約40センチ。
黒マルチのセンターにある青い線が40センチ間隔になっている。
メジャーで計ることもなく、簡単に40センチごとに植え付けができるのでこの線は重宝している。

大雨の予想だったが、大雨になることは無く、一日中しとしとと降り続いた。

英語の学習アプリDuolingoをやりながら、溜まりに溜まったテレビ番組の録画を倍速で何個も見た。

たまにはゆっくりする日もあっていいのかもしれない。