2017年4月30日日曜日

早朝畑作業 京ミズナ、スイカ定植



午前11時ごろに娘夫婦が我が家にやってくる。
4人でうな重を食べに行く。
午前10時30分まで、畑で作業し、少しでも野菜たちを植えたい思いで頑張った。


第1畑に行き、ミズナを掘りあげた。



大きくなりすぎていた。
もう食べれるくらいだ。

これを掘りあげ、第2畑に植え付けた。
二畝植えた。
活着するといいのだが。


次にカボチャの種を蒔いた。
オーストラリア産のカボチャを買ってきて、種を採取したものだ。


トマトの畝には、落花生の種を蒔いた。
落花生とトマトは相性がいい。
肥料過多も少しは軽減されるだろう。

次は本日のメイン作業、スイカの植え付けに取り掛かった。

約1.5m毎に穴を5か所掘った。
穴の深さは約40センチ。
穴底に発酵鶏糞を入れた。
間土を被せた。
更にパラパラと発酵鶏糞をまき、土を盛り上げた。

その後、全体に黒マルチをかけた。

黒マルチの盛り上がったところをカッターで切った。
植え付け穴を掘り、水をたっぷりかけた。


スイカを植え付けた。


竹を突き刺しビニールをかける予定だったがやめた。

寒冷紗の支柱を二つ組み合わせて、透明マルチで覆うことにした。

しかし、時間切れだ。

次の仕事休みに続きはやろう。

娘夫婦との食事は楽しかった。

自宅に戻り、畑に行き、一緒に収穫を楽しんだ。

極早生の玉ねぎとリーフレタスを多数収穫し、持って帰っていただいた。