2017年10月7日土曜日

キャベツ、結球レタスの苗を移植した


バラマキをしていた約10種の種。
早めに移植したかったが私の体調不備や雨などで遅れ気味だ。
今日は出来る限り植えたいとほとんど休みなく頑張った。

それでも、今日できたことは
①ひょろひょろなキャベツの苗を掘りあげ定植した。
②結球レタスの苗を掘りあげ混植した。
③植えきれなく、第1畑に仮植えしていた、キャベツとブロッコリーの苗を定植した。
④キャベツとブロッコリーの苗に土寄せ。

たったこれだけだった。

これはブロッコリー。
3条に植えていた苗の真ん中を掘りあげ第2畑に移植した。
そしてついでに土寄せをした。



ハクサイの苗の両サイドに結球レタスの苗を植え付けた。


先に植えたハクサイは大分大きくなってきた。


これは分かりにくいかもしれないが、ヘロヘロのキャベツの苗を植え付け、畝の両サイドに結球レタスの苗を混植した。


ここには畝の中央に大根の種を蒔き、両サイドに結球レタスの苗を植え付けた。


第1畑から掘りあげた、キャベツとブロッコリーの苗を移植した。
ここには新しく購入した寒冷紗をかけた。


午後4時半ごろ作業を中止した。
収穫に取り掛かった。
オクラは大きくなりすぎていて、半分ほど切り取り畑の肥やしになった。
シカク豆は大きくなっていたが、かろうじて食べられそうだ。
ナスもでっかくなっていたがこれは大きくなっても食べられる。
ピーマンパプリカも多数収穫した。
ゴーヤはもう終わりだ。
小さなゴーヤでも赤く熟してきた。

木々の間から見る夕焼けが綺麗だった。


今年の風邪は長びく。
10月2日に36.9度の微熱とくしゃみ鼻水、のどの痛みがまだまだ治りきれていない。
熱は平熱に戻ったが、まだ体の中から元気さが出ない。
無理をせず体調を戻したいものだ。