2017年11月12日日曜日

家庭菜園畑の作業記録 種蒔きと草刈り


今日の作業予定は
①種蒔き
②2回目のイチゴの定植
③たけのこ芋の収穫か第1畑用水路の両サイド草刈り

作業にかかる前に
いつものように、畑の野菜たちの
様子を確認した。


第2畑を奥の方から入り口の方を見て、撮った。
右の畝は2回目に蒔いた大根と結球レタス
真ん中はネギやホウレンソウなどの種をいろいろ蒔いた畝。
左の畝は結球レタスとキャベツの苗を植えた。


タマネギ3種の畝。
苗はまだまだ小さい。
それでも11月末までには定植しなければいけない。
その左はキャベツとブロッコリーの畝。


手前はジャガイモ。
奥の二畝は大根。
もう、ダイコンは収穫して食卓に上がっている。

第1畑に向かった。


今日の作業はほとんど第1畑でする。


この4畝に種を蒔く。


これだけの種を蒔くつもりだったが、ニンジンは種を蒔けなかった。
時期が遅すぎた。


右から強健ホウレン草、真ん中はベンリ菜、味まさりほうれん草。


その次の畝はここにも両サイドにほうれん草を蒔いて、中央には正月菜を蒔いた。


3番目の畝には、タアッアイ、時なし子かぶ、ベビーリーフ。


4番目の畝には、ベビーリーフ、赤丸20日大根、そしてまたタアッアイを蒔いた。


次の作業はイチゴの苗の定植。
2回目だ。手前の右がイチゴの苗ある。

一番左の畝が今日定植したところだ。
これで、約130株植えたことになる。


たけのこ芋を収穫しようと思ったが、止めた。

土手上の用水路の周りの草を刈ることにした。

めったに人は通らないが、草が生えすぎて歩くのはしんどい。
ご迷惑にならないように、早めに刈っておかないといけない。


今回の草刈りは時間がかかった。

草が大きくなりすぎて、刈るのが大変だった。
そして、草を集めて積み上げるのも。

それでも、何とか終わった。

これで、来年の春までは持つだろう。


我が第1畑。

イチゴの苗を取った後と、オクラを植えていた畝を次の休みには耕し、京ミズナを苗を移植したい。
だいぶ前に蒔いた種が発芽し、移植できるまでに育っている。


それが終わり、たけのこ芋を収穫し、伏せ込みをしたい。

そして、更にたけのこ芋の収穫後を耕し、畝を立て、玉ネギの苗を定植して、今年の畑作業はほぼ終了だ。


今日もほぼ予定通りに作業を終えることができ、本当に良かった。

晴耕雨読。