2018年7月31日火曜日

火星、土星、月、木星の天体ショー


7月24日、夜20時半ごろ南東の方角に赤茶色の非常に明るい星(惑星)が見えた。

火星だ。


その右上には土星がある。

土星のすぐ右上には十二月が明るく輝いていた。

更に火星と月とほぼ等距離で月の右側の斜め下には木星があった。

月を中心にした≪やじろべえ≫みたいに火星と木星が釣り合っている。

本当に感動的な天体ショーだ。

7月31日は15年ぶりに火星が地球に最も近づき、9月末頃まで明るく見えるそうだ。
勿論だんだん明るさは暗くなるが10月も見ることはできる。

今が一番見どころだろう。

私は夜の星を眺めることが多い。

Skyマップなどを利用し、星、惑星、星座の名前と位置などを確認し、記憶するようにしている。

日ごと月ごと季節ごとに移り替わる空を見ていると飽きることが無い。


2018年7月30日月曜日

スイカの柵を撤去


朝食は毎日自分で作っている。
今朝はササゲとナスと万願寺唐辛子のベーコン炒め。
それにスクランブルエッグを添えた。
畑でとれたキュウリを1本小鉢に入れ、わさび醬油で。

腹がいっぱいになったところで畑に向かった。


玄関横の花が綺麗に咲いていたので一枚撮った。

我が第2畑を眼下に見て一枚。
定点観察になるので毎回撮っている。


今日の予定は

このスイカ畑の害獣除け柵を解体し、除草と黒マルチを剥がすこと。


柵の周りに打ち込んでいる鉄線を抜き出し、網を結んでいる紐を切り、網をたたんで片付けた。


竹と鉄の支柱を取った。


畝は草におおわれている。

まだスイカが5個残っていた。
(写真を撮った後に小さなスイカが2個見つかった。)


お隣で畑をされている方が来られたので、一番大きいのを一玉お渡しした。
お孫さんが来ているので喜ぶと言っていた。

草刈り機で草をなぎ倒した。


三角フォーとレーキで草と黒マルチを取り除いた。

暑い、長時間の作業は無理。

全身汗まみれ。

15分動いて3分日陰で休む。

これを繰り返しながら10時40分まで作業をした。

今日はここまで。

ネギの定植まで終了する予定だったがこの暑さでは身が持たない。


2018年7月28日土曜日

台風接近前の収穫


台風12号が接近中だ。
明日29日の未明3時ごろから朝方にかけて近畿地方を直撃するそうだ。
せっかく実った野菜たちが台風で駄目になる。

出勤前に野菜の収穫に行った。
4時45分出発。


第1畑でナスを収穫。
ササゲ、キュウリを収穫した。


第2畑では
ゴーヤ、

プチトマト、大玉の桃太郎、そして残りのスイカを全部収穫した。


1時間ちょっとで収穫は終了。

自宅に戻り、庭の片づけをした。

風で飛ばされそうなものを全て重しや、床下に入れた。

これで台風対策はバッチリだ。


2018年7月23日月曜日

月と木星


空に雲が少なく久しぶりに星を見ることができた。

南の方角に11日月があり、そのすぐ右側少し上に木星が見えた。


月の左下には土星があるのだが、土星の等級は-0.241~1.47なので、月の明るさに負けて肉眼では見ることが出来なかった。

西の方角にはひときわ明るい星があった。


金星だ。

金星の等級は-4.9~-3.8惑星の中で最も明るい。

猛暑の中で12時間の仕事を終え、疲れている身体に星を見ることで一気に活力が流れ込むような気がした。


2018年7月22日日曜日

畑の片づけ


朝6時45分畑に着いた。
相変わらずいい天気だ。
ペットボトル4本に冷やした水を入れて熱中症対策。
無理せず畑作業を楽しみたいものだ。


まずは畑でプチトマトを数個食べ



桃太郎を2個がぶりと食べ水分補給をした。


ナスに水をやり、たけのこ芋にも水を引き入れた。


今日のメイン作業はこの通路を片付けること。
ネットや杭を片づけ三角フォーで除草した。


日陰に座り、水を飲み、汗を拭き、タオルを絞りまた作業をする。
これを何回も繰り返した。


第1畑に行きたけのこ芋の横にあるエンドウの支柱を解体した。

空を見ると真っ青なキャンバスに飛び散ったような雲があった。


こういうのに感動できるのが畑作業の醍醐味かも。


だいぶ前から片付けようと思っていたが後回しになった。

支柱が無くなると管理された畑に見えるからいいものだ。


こんなに暑く雨も降らないのに


草の葉の表面からは水が滴っている。
植物は本当に偉い。

水路にホースを入れ水を畑に入れた。


第2畑は段差が少なく水量は少ないが作業をしている間に勝手に畑に水が入るからいい。

後、二三日するとブロッコリーやキャベツの種まきをしなければいけない。

苗が出来たらすぐに植え付けをするため

コンクリートみたいに固くなった畑に水を入れ耕しの準備をしなければいけない。




2018年7月21日土曜日

予約していた本が届いた


一月前から予約していた本が届いた。

人気作家の池井戸潤さんの、下町ロケットゴースト。
しばらくは隙間時間に楽しめそうだ。

池井戸潤氏の本は10冊ほどしか読んでいない
①下町ロケット
②下町ロケットガウディ計画
③空飛ぶタイヤ(上)
④空飛ぶタイヤ(下)
⑤鉄の骨
⑥かばん屋の相続
⑦アキラとあきら
⑧シャイロックの子供たち
⑨七つの会議
⑩架空通貨
⑪民王
⑫陸王

どれも面白く物語に入り込める。

人気の半沢直樹シリーズは一つも読んでいないので一段落したら読み始めたいものだ。





2018年7月19日木曜日

たけのこ芋追肥と土寄せ


今朝の朝食。
炎天下での作業に負けないように食べた。

5時45分に畑に着いた。


今日の作業予定は

①たけのこ芋の追肥と土寄せ
②第2畑小屋前の除草

たけのこ芋(京芋)は昨日に続いての作業だ。
今まで一度も追肥もせず、土寄せもしていなかった。
例年よりたけのこ芋の力強さが感じられないのは肥料不足からだろう。


追肥と土寄せを終えた。
次の作業は第2畑の小屋前の草刈りだ。

ここにはキャベツとブロッコリーを植えていた。
最後まで残っていたキャベツを2個収穫した。

草刈り機のエンジンを始動し作業開始。


意外と時間がかかるものだ。


ゴーヤとヘチマの右隣にはアスパラガスを植えている。
もちろんもうアスパラガスの茎は枯れて、草の中に埋もれていた。
ここの草も刈り取った。
左のゴーヤとヘチマの支柱には網がかけているので、草刈り機の葉で網を巻き込む恐れが強い。
支柱の近くは手刈りした。
時間がかかる。
ここまでするのに2時間半もかかった。

画像の右端にはキュウイが植えている。


水やりを全くやっていなかったので、このありさまだ。
急遽水をバケツ5杯ほどやった。
今年のキュウイの実は期待できそうにない。
キュウイがこれほども水が必要な植物とは・・
本当にキュウイには悪いことをした。
これから畑に行くたびに水やりを欠かさないようにしたい。


午前9時55分に畑作業は終了。

もうこれ以上すると、自分の身が危ない。



自宅前についてガレージ横の黄梅を見ると、セミの抜け殻が二つあった。

今年はセミの鳴き声が少ない気がする。

何年も地下で生活し、せっかく地上に出たからにはたくさんの子孫を残していただきたいものだ。


2018年7月18日水曜日

第1畑の草刈り


ナスもテントウムシダマシがいなくなってやっと元気を取り戻したみたいだ。

今日の作業予定は草刈りだ。


まずは農業用水路の周りから取り掛かった。


歩きやすくなった。


これだけするのに2時間近くかかった。

次は土手と畑の草刈りだ。


草刈り機の燃料を2回入れなければならないくらい草刈り機には頑張っていただいた。

まあ、何とか人が作物を作っている畑らしくなった。

疲れて、草刈り後の画像を撮るのを忘れてしまった。


2018年7月16日月曜日

金星と木星


19時半ごろの西の空。
月と金星が共演していた。

これが実際の写真。


南の方角を見ると木星が見えた。


薄雲に邪魔されて木星の大きな輝きが見えないのは残念。


2018年7月15日日曜日

夏バテを防ぐ朝食


朝食はいつも自分で作る。

作ると言っても簡単なものばかりだ。

インスタントの味噌に豆腐を入れたもの。

卵かけごはん。

プチトマト、晩飯の残りの豚ナス炒め等々。

夏バテ防止策は朝食を欠かさないことだと思っているので

必ず食べるようにしている。

炎天下での仕事。

それも来年早々で終わるかもしれない。

こんな仕事もあったんだと来年はなつかしく思うだろう。

体をいたわりながら、最後の夏の仕事を楽しみたい。