2017年11月28日火曜日

家庭菜園畑の作業記録 玉ねぎを植えるところの畝立て


第1畑に着いた。


今日の予定はここを耕し、畝を立て、黒マルチをすること。

ヤンマーぽちを第2畑の小屋から移動した。


土がまだべとついていて、ダマになる。

3回走らせてポチの作業は終わった。


暑い。
頭から汗が流れてくる。
水を飲む。
ふと横を見ると、大きな蜘蛛が獲物がかかるのをじ~と待っていた。


畝立ては力仕事だ。
休み休みながら、エンドレスの作業を繰り返した。


昼飯を食べにも帰らず、毎日放送のコンちゃんを聴きながら頑張った。
ラジオを聴きながらの作業は疲れが半減する。

山は紅葉の真っ盛りだ。

我が畑の周りには紅葉する木々が多い。
日が暮れるのは早いがいい環境で野菜作りができることに感謝だ。


8畝立てた。

7畝は玉ねぎ。
あと一畝はエンドウの苗を植える。


タマネギの定植は次の仕事休みにする予定だ。

第2畑に行き、2回目の種まきをした大根の間引きをした。

もう小さな大根が15㎝から20㎝になっていた。



畑横の渋柿が誰にも収穫されず、カラスにも食べられず、立っていた。


孤高の木。

どうだ凄いだろうと言っているみたいだ。

しかし、実をつけたら、食べられて役目を果たしたことになる。

この木を見て、何か複雑な思いを抱きながら、家路の坂道を登って行った。