2018年4月21日土曜日

イチゴに寒冷紗 耕し レタスを移植



午前7時30分畑に向かった。

今日の作業予定は
①水やり
②イチゴの手入れと畝に寒冷紗をかける
③第1畑のナスを定植するところを耕し黒マルチをかける
④第2畑5畝に黒マルチをかける
⑤サニーレタスと結球レタスを移植する



第1畑に水やり。

先日畝立てをした5畝に黒マルチをかける。


水やりを終え、第1畑に向かった。


今日、相方が久しぶりに畑に来た。
ヨモギを採るために。

イチゴの寒冷紗かけも手伝ってくれた。
おかげで早く終わることができた。


ササゲの種が発芽していた。


モロッコいんげんも土から顔を出してきた。


たけのこ芋の種イモを養生していた畝を耕す。


発酵鶏糞をまき、ヤンマーぽちで耕した。


耕したところに約30センチの穴を掘り、更に発酵鶏糞をまいた。


土をレーキでならし、黒マルチをかけた。

ここにはナスを定植する予定だ。


畑の端の山側にふじの花が綺麗に咲いていた。
手に触れて見た。
ほんとに綺麗だった。


第1畑を去る前にもう一度作物の成長を見た。

キャベツは結球体制に入ってきていた。


極早生の玉ねぎ『貝塚早生黄』は大分大きくなってきた。
後、10日もすれば収穫できるかもしれない。


第2畑に行き、黒マルチをかけた。


穴開きマルチを一畝。
後、4畝は普通の黒マルチをかけた。


レタスを移植した。
レタスの種はキャベツの合間に種を蒔いている。


右はサニーレタス。
左の畝には結球レタスの種を蒔いた。



サニーレタスは右の畝。

結球レタスは左の畝に移植した。
この畝にはタキイさんのエダマメ『快頭黒頭巾』の種も蒔いた。
エダマメとレタスの混植だ。


これで今日の予定はほぼ終了した。


次の予定は計画通りに夏野菜の定植をすることだ。

最後にサントウサイを間引きした。
隣で畑をされている方にもおすそ分けをした。


この間引き菜は明日の朝のみそ汁の具になる。

今日もいい一日だった。