2017年12月14日木曜日

家庭菜園畑の作業記録 タケノコ芋のほりあげとエンドウの植え付け


今日のメイン作業は
①伏せ込みをしていた、たけのこ芋を掘りあげる
②エンドウの苗の定植

エンドウはここに植える。
ここはオクラを植えていたところだ。

まずは竹で支柱を立てた。


そして伏せ込みをしていた、たけのこ芋(京芋)を掘りあげた。


ひげ根を削り取った。
大きな芋が30本近くあった。


発泡スチロールの箱に新聞紙を敷き、そこに芋を置いた。
自作のサンルームに数日置いてから、表面を綺麗にする。


毎年送っている兄貴に年内に着くように次の休みの日には発送したい。

エンドウは株間約30㎝、条間は約40㎝。
一畝で全部植えることができた。


寒さ対策のための笹竹を伐りに竹やぶの中に入った。

畑のすぐ隣に竹やぶがあるので、材料には困らない。



これで完成です。



ここの畑は鳥の被害が多いので、次の休みには寒冷紗で支柱全体を覆いたい。

エンドウの葉は鳥にとっては本当においしいみたいで、何も対策をしないと丸坊主にされる。
来年もいいエンドウが収穫できるといいな。