2018年5月31日木曜日

雨で作業は収穫のみ


今日は仕事休み。

もうすぐ雨が降りそうだ。

作業予定表を見ると

①第2畑のカボチャの苗を第1畑の玉ねぎの後に移植すること

②第1畑の草刈り

次の休みの晴れた日に順延だ。

本格的に雨が降る前に収穫だけでもやろうと、畑に向かった。

小雨の降る中、スイカに被せていたビニールを外し、トマトの脇芽を欠き、紐をかけた。

それが終わり、急いで収穫に取り掛かった。

我が畑は混植が多い。

トマトとサンチュ、結球レタスとエダマメ、キャベツとサニーレタス、ブロッコリーと結球レタス、サントウサイと春菊とカイラン等々・・結構みな元気に育っている。

雨が強くなってきた。

結球レタスを9個
サニーレタスも9個
サンチュは8個
ズッキーニを5個収穫

まだまだ収穫したかったがこれ以上は無理だ。

自宅に戻りご近所様3件に綺麗なビニール袋に入れておすそ分けをした。

今年のレタスは10年に一度あるかと言うほど立派な野菜だと自負している。

きっと喜んでもらえるだろう。


2018年5月27日日曜日

除草・耕し・移植・玉ねぎ収穫


畑作業日和のいい天気だ。
 

ニンジンの間引きをしなければいけないが、今日はそんな時間は無い。


ズッキーニは2種類植えている。
多数収穫できる状態だったが、収穫し忘れてしまった。
明日から仕事なので数日後には熟れすぎているかもしれない。


レタスは順調に大きくなった。
トマトも今日までは何の障害もなく順調。
毎年、トマトを植え付けるところには元肥をやらないことにしているが、今年はうっかりして他と同じようにやってしまった。
肥料過多の症状が出ないといいが。
トマトの畝に植え付けているレタスが肥料を消費してくれるのを期待しよう。

今年の玉ねぎは大失敗だった。


もう、葉は枯れ、茎は倒れた。
これ以上置いても大きくなることは無いだろう。

全部収穫することにした。


全部引き抜いた。

日に当て乾かしてから、夕方に紐で結んで吊り下げた。

第2畑に戻り、カボチャの畝の行燈を外した。



今年のカボチャはいい成績だ。
この大きさなら期待できそうだ。

第2畑の小屋の横の荒れ果てた所を除草し耕しカボチャの苗を移植した。


移植したカボチャの苗は5株。
大きくなりすぎた苗はしなっとなっているがなんと活着してほしいものだ。

この作業で大分体力を消耗した。

でも、第1畑の草刈りもしなければいけないと、草刈り機を担いで第1に向かった。

そこで見たのは引き抜かれた玉ネギだった。

完全に朝一番に引いた玉ねぎを忘れていた。

草刈りをしている場合じゃない。

すぐにタマネギの紐かけ作業に。


紐かけも出来ない小さなタマネギが多かった。

でも、とりあえずこれだけでも吊れたのだから良しとしよう。

午後5時半を回り、周りを山に囲まれた我が畑は暗くなってきた。

しかし、たけのこ芋の畝に被せている透明マルチを外したい。


草の力で透明マルチは大きく膨らんでいる。
これでは、たけのこ芋に悪い。


草は柔らかく、なぜかおいしそうに見えた。


たけのこ芋を傷つけないようにたけのこ芋から約10㎝離して草を三角フォーで削り取った。

次の休みに綺麗に除草したい。

第2畑に戻り、野菜を収穫して帰ることにした。

お隣で畑をされている方が草取りをしていた。

リーフレタスと結球レタスを2個ずつ合計4株お渡しした。
先日の大雨のせいで、この方の作物は全滅し、畑にはなにも生えていない。
喜んでいただけたと思う。

小屋の横に植え付けたキュウイの実が大分大きくなっていた。


今年は収穫できそうだ。

空を見ると本当にきれいな巻雲が空一面を覆っていた。

その空を対角線上に横切るようにジェット機が直線を引いていた。


今日もいい日だった。

I am happiest now.

今が一番幸せだ!


2018年5月11日金曜日

草刈り


デンドロの花芽が赤くなってきた。
もうすぐきれいな花を咲かせることだろう。

午前6時半。

畑に向かった。


移植したサンチュはぐったりしていたが、まずまずは大丈夫そうだ。
レタス類は強いから成長するだろう。



草刈りの前に、トマトに支柱をすることにした。

川辺に入り、竹を伐った。

大きな木を絞め殺すような蔦を見た。

この蔦はフジの花。
あの豪華な花を咲かす藤の花にこんなに力があり、大木を絞め殺すような、生きるための力があるのをみるのは感動ものだ。


大木は閉められても、生きてほしい。
木にとっては嫌だろうが、共生してほしいものだ。


竹伐りを終え、第2畑に戻り、トマトの支柱を立てた。


今日のメイン作業の草刈りに取り掛かった。

まずは第2畑から・・


そして、第1畑の農業用水路の周りの草を刈った。

毎年5月の第2週の土曜日までには草を刈らないといけない。

本当に今年はついていた。

12日の一日前の金曜日が仕事休みでぎりぎりで草刈りを終えたことが。



午後6時15分本日の畑作業は終了。


帰り道で綺麗な花を見つけた。


2018年5月10日木曜日

サンチュの移植とカボチャに行灯





24勤務の明け。
自宅に戻りいつものようにすぐに畑に向かった。

畑の見回り。
玉ネギはどんどん葉が枯れている。
今年は大失敗だ。


キャベツは順調。
虫に食われているが結球は順調。


寒冷紗で覆った畝は虫の被害にあっていない。
手を抜くと虫の餌食になる。
次回からはキャベツやブロッコリーハクサイなどの野菜には虫除けの寒冷紗をかけよう。


サンチュの苗が大きくなっていたので、トマトとパプリカの畝に移植することにした。

混植するのが私流。



最後の作業はカボチャに行灯をした。

普通は一株ごとにするのだが、今回は一畝全部ぐるりと囲むことにした。


この方が簡単にセットでき楽だ。


午後4時本日の畑作業は終了。


明日は草刈りだ。


2018年5月9日水曜日

英語学習アプリ『Duolingo』連続900日



英語学習アプリ『Duolingo』を学習し始めてから、一日も欠かさず900日の節目を迎えることができた。

これだけ続けることができたのはこのDuolingoが私にあっていたのと、Duolingo自体が学習する人が長続きするような仕組みがあるからだと思う。

ボケがすすむのを遅らせるために、2007年から始めたブログも10年を過ぎた。

Duolingoも完全にぼけて、出来なくなるまで、毎日楽しみたいものだ。


2018年5月6日日曜日

玉ネギの消毒と虫取り


夜勤明け。

今日は夕方から雨でさらに明日一日中大雨らしい。

雨で農薬散布が無駄になるかもしれないが、玉ネギに農薬を散布した。

その前に小屋前のキャベツとブロッコリーについている青虫が気になり、青虫取り。

無農薬で野菜を作るのは本当に難しい。

今年は寒冷紗もかけなかったので、よけいにひどい。

キャベツとブロッコリーの周りにはレタスを多数植え付けたが蝶々の力の前には無力だったようだ。


数十匹青虫をひねりつぶした。

本日のメイン作業の地、第1畑に向かった。

玉ネギはさらにひどくなっていた。

この状態で農薬を散布するのは無駄に思えた。


それでも、気持ちが収まらないので、6畝ある玉ネギの畝、全部に農薬を散布した。


夕方から雨になった。

散布した農薬は全部流されてしまっただろう。

本当に無駄な作業だった。

懲りずに次晴れた仕事休みの日に、もう一度散布しよう。



2018年5月5日土曜日

出勤前の収穫


今日は娘夫婦がやってくる。

私は仕事だが、出勤前に野菜を収穫して、お土産として喜んでいただきたい。

畑に行き、収穫を急いだ。

レタスを収穫し、

貝塚早生の玉ねぎを収穫し


エンドウも収穫。


第2畑に戻り、ほうれん草、サントウサイ、シュンギク、カラシナサラダ、コマツナ、サンチュ、リーフレタス、シャキシャキレタス等々を収穫。



午前6時半にセットしていたスマホが鳴った。

もっともっと収穫したいが、会社に間に合わない。

1週間ほど食べれるだろう野菜は収穫できた。

喜んでくれたらいいが。


2018年5月2日水曜日

庭の花






花を見ていると幸せな気分になる。



ジャスミン
科名:モクセイ科
属名:ソケイ属
原産地:中国
開花期:4月後半~5月頃

花言葉:「素直」「可憐」「温情」「気だてのよさ」「愛の通夜」「官能的」「愛らしさ」