2017年10月22日日曜日

台風接近中畑に行き、えらい目にあった


24勤務明け。
自宅に戻る前に投票場に行った。
会場横の水路は台風接近中の雨ですごい流れになっていた。

投票も終え、自宅に着き、畑に行く準備をしスグに畑に出発した。


土手の下に私の第2畑が見える。
そこに、50m巻きの寒冷紗を置いている。
これが台風の風で飛び散ると、ご近所様に迷惑がかかる。
強い雨が降っているがそんなことは言っておられない。


柿の木を見ると、多数のカラスが昼飯を食べていた。
私が坂道を下っても、半分ほどのカラスは身動きもせずに柿を食べていた。

寒冷紗を小屋の中に入れた。

小屋前の根深ネギは水につかっていた。


水はけをよくするために、鍬で溝を掘った。


水がどんどん流れていく。

第1畑に向かった。


第1畑に着く前に、斜めになっているあぜ道で滑ってしまった。
右手で体を支えたが、右腰をだいぶ打ち付けてしまった。
すぐ隣には水路のコンクリートブロックがあり、それに頭を打っていたら、死んでいただろうと思うと、背中がゾックとした。

ハクサイやキャベツ、ブロッコリーの畝は少し高くしているので、水は溜まっているが野菜たちに影響は少ないだろう。

畑の横の川はすごい流れになっていた。




畑から帰り、風呂に入り、すぐに寝た。

夕方にあまりに右手首が痛く、目が覚めた。

動かすことができない。
右左、上下も動かせない。
ボールペンも握れない、パソコンのキーボードも打てなかった。

なんでそうなったのか全く思い出せなかった。

夜になり、フラッシュバックみたいに頭に浮かんだ映像があった。

そうだ、第2畑に着く直前の水路横の畦道で滑ったんだ。

その時、右腕で体を支えた。

右手首に大きな力が加わったのだろう。

明日は休みだ。

仕事に影響がないだけましだと思った。

しかし、明後日からまた仕事だ。

直るだろうか。

右手が使えない不便を本当に実感した。

身体を大切にしたい。

一歩間違えば・・・

本日、台風接近中に畑を見回りに行った、70近い老人が畑近くの畦道に頭から血を流して倒れているのが発見された。
すぐに病院に運ばれたが1時間後に亡くなった。

こんな、テレビ放送が流れていたり。

今後、台風や大雨の時は畑に行かないと誓った私でした。
反省。