2017年10月11日水曜日

サニーレタスとシュンギク移植そして種蒔き


クモの生命力は本当にすごい。
畑に来るたびに道を通せんぼしている蜘蛛の巣に出会う。
壊されても、壊されてもまた作る。
この巣などは何匹も共生している。

第1畑に行き、白菜やキャベツブロッコリーの成長具合を見た。


もう、寒冷紗を押し上げるくらいに大きくなっていた。
虫食いはすこしあるがいい方だ。

第2畑に戻り、様子を見た。

2回目にまいた大根の種が発芽していた。


ヘロヘロのキャベツの苗はまだ消えていなかった。
なんとか、大きく育ってほしい。



タマネギの種も発芽していた。

極早生の貝塚早生

中生のアトン


中晩生のパワー


今日のメイン作業に取り掛かった。

①サニーレタスの苗を移植すること。
②シュンギクの苗を移植すること。
③種蒔き
④寒冷紗をかける。


ブロッコリーとキャベツの畝にレタスの苗を植え付けた後
左隣の畝の両端に春菊の苗を移植した。


植えきれないのは第1畑の白菜の畝の両最後に植え付けた。


春菊を植え付けた畝の真ん中には種を蒔いた。

手前から
コカブ、京ミズナ、ホウレン草


すぐに寒冷紗をかけた。
発芽するまでは時間があるが、まだ暖かいから発芽したらすぐに虫にやられてしまう。


奥の畝の両最後にはレタスの苗を植え付けた。
その中心には5種類の種を蒔いた。
手前から
葉ねぎ
ホウレン草
ベンリ菜
チンゲン菜
コマツナ

そこもすぐに寒冷紗をかけた。


もう遅いが空心菜の種を蒔いたらいい苗が出来たので移植することにした。

植える畝はまだ準備していない。
ジャガイモの畝に植え付けることにした。
今回のジャガイモの発芽は悪い。
発芽していないところに空心菜の苗を植え付けた。


ものになるかどうか分からないが 、野菜が少なくなる端境期に少しでも収穫できればいい。

次の作業は大根の間引き。

もう小さな大根が出来ていた。
早くやりたいと思っていたが、優先順位があり、今日に至った。
間引きした大根は朝漬けにして美味しく頂きました。


今日最後の作業は根深ネギの追肥と土寄せ。

ネギは4条植えてある。
一番左と2番目の間に今まで移植をした野菜の種を蒔いていた。
それを全て片付けた。
草を全て除けて、肥料を蒔き、ネギの根元に土寄せをした。



一生懸命に畑作業をしている時に、スマホのライン電話が鳴った。
相方からだった。
畑の柿の実を一つ取ってきてと。

第1畑に植えている柿の木。


色づいていた。

手前の一つをもぎ取り持って帰った。

最後の作業はいつものように収穫。

シカク豆を収穫してお隣で畑をされている方におすそ分けをした。