2018年1月24日水曜日

今年一番の寒さだった


畑に行きジャガイモの収穫と葉野菜に追肥をしようと庭に出た。

水たまりはすべて凍っていた。


畑も寒かった。
風邪は強いしそして冷たい。


第1畑も凍っていた。


表面の氷を割って、水を汲み液肥を500倍に薄めて、野菜たちに栄養を与えた。

第2畑に行き、ジャガイモの収穫に取り掛かった。

畑は数日前の雨でまだべとべとだった。

ジャガイモに土がまとわりついて、ジャガイモか土かわからない。

一畝だけ収穫して諦めた。

晴天が続いてからまた収穫したい。

自宅に戻り布団に潜り込んで読書三昧を楽しんだ。

今年に入って4冊目の本は

徹底検証
「森友・加計事件」朝日新聞による
戦後最大級の報道犯罪

著者 小川榮太郎

本当に読み応えのある本だ。

もっと早く読みたかった。

朝日新聞が小川榮太郎氏と飛島新社を名誉棄損で5000万円の損害賠償で裁判所に訴えていることも知った。
お互い言い分もあるだろうが、この本を読んでいる限り時系列で森友の報道を追っていくとNHKや朝日を筆頭に各メディアは最初に現政権である安倍政権を追い落とすためにはどうしたらいいかの結論ありきで、そこに持っていくためにはどんなことでもするということを知った。
裁判に関心を持って情報を集めたいものだ。
新聞やテレビに洗脳されないためにも。

この本を知ったのは、1月8日に購入した本、≪「週刊文春」と「週刊新潮」闘うメディアの全内幕≫著者は花田さんと門田隆将さん。

門田さんに興味が湧き、門田さんの本4冊をすぐ注文した。
まだ読んでいないが楽しみだ。