2018年3月31日土曜日

義姉夫婦が久しぶりに来た 桜と野菜の収穫


24時間勤務の明けの日

12時半ごろ自宅に戻ってきた。

今日は義姉夫婦がやってくる。
お土産に野菜を収穫しに畑に向かった。

桜の花びらがはらはらと散っている。
足元は淡いピンク色のじゅうたんを敷き詰めたみたいだ。


畑に着くまでに、スマホで何枚も何枚も写真を撮った。





第1畑に着いた。

ここではブロッコリーとホウレンソウ、ナバナを収穫。




ブロッコリーは長く収穫でき、栄養があり、美味しいから本当に重宝する。

第2畑では、根深ネギ、結球レタス、ダイコン、京水菜を収穫。


収穫が終わり、帰ろうと坂道に差し掛かった時、土手上の方から私を呼ぶ声が聞こえた。

義姉夫婦と相方が畑にやってきたのだ。



収穫した野菜を置き、畑を案内した。

第1畑、第2畑と一通り巡った。


 自宅に戻って、大してしゃべる時間もなく、義姉夫婦は帰っていった。
魚屋さんに寄る時間が迫ってきたらしい。

朝の2時半に起きて、それからほとんど寝ることなく、今に至った。

自室に入り、寝ることにした。



桜もいいが、障子に移る影絵もいいものだ。




2018年3月30日金曜日

桜と出勤前の水やり



庭からに見る満開の桜。
この地域は桜の木が多い。
いたるところに桜があり、今の時期が最高の見どころだ。

今朝は出勤前の水やりに畑に向かった。

3月28日に5畝に種を蒔いた。
22日以来雨は降っていない。
これからも降ると言う天気予報は見ることもない。
種蒔きの初期は水不足になると、ニンジンなんかは発芽がかなり遅くなる。



日の出前のひんやりとした空気の中で満開の桜を見ながらの水やりは本当に楽しいものだ。もうすぐ70歳になるが、『今が一番幸せだ 』と本当に思う。




我が町の桜並木の一部を記録。






出勤の時間となりました。

70歳で雇止めになる。
私のこの会社での仕事人生もあと一年だ。
一日一日楽しんで残り少ない仕事人生を楽しみたい。


2018年3月28日水曜日

家庭菜園畑の作業記録 種蒔き







 今日の作業予定は種まきだ。

8分咲きの桜を見ながらの作業。














蒔いた種は全部で13種類。
+カボチャの種


 全部育ってくればいいが。

しっかりとお世話をし、いい野菜に育ってくれるよう、私も努力しないといけない。

出勤前にも水やりをやりたい。










2018年3月21日水曜日

家庭菜園畑の作業記録 キャベツとブロッコリーの定植


三日間続いた雨が昼頃収まってきた。

キャベツとブロッコリーの苗を定植しなければいけない。
この苗は

2月24日に種を蒔き、電気温床を20℃に設定し育てたものだ。

畑に着き、第2畑の小屋前を見ると畝間は水が溜まっていた。

第1畑もジャガイモの畝は水が溜まっていた。



水はけをよくするために三角フォーで溝を掘って土手下に水を流した。
ジャガイモは三分の一ほど芽が出ていた。
ビニールを破り、芽を出した。

第2畑の小屋前に行き、畝間の水をはかせた後、キャベツとブロッコリーを植えた。



全部植えることができた。

株と株の間にはレタスの種を蒔く予定だ。
これは、次の休みだ。
畝間がべちゃべちゃで作業にならない。

これで今日の農作業は終了。

耕しと畝立て種まきは次の休みにやろう。

土手の桜はあと一日二日で咲きそうだった。


今年の桜は本当に早い。


十数年前の記憶が蘇ってきた。

ご近所の住宅団地で桜祭りがあり、その予定日が書かれていた。

もうすでに桜は満開になっていたが、その看板の日付は一週間先だった。

一週間後、葉桜の下でその団地では桜祭りがおこなわれていた。

今年もそうなる地域が少なからずあるんだろうな。


2018年3月15日木曜日

家庭菜園畑の作業記録 第2畑小屋前を耕し


桜のつぼみは大分膨らんできた。

今日は24勤務明けの日。
完璧に眠たいが、明日は一日中雨らしい。
何とか遅れている畑作業をこなさないといけない。



残っているネギを収穫しお隣さんにプレゼント。
ついでにキャベツも京水菜も収穫してお渡しした。

発酵鶏糞をまいて、ヤンマーぽちで耕し、畝を立てた。


穴開きマルチを敷いた。

ここには、温床で苗作りをしている、キャベツとブロッコリーを定植する予定だ。

混植にはレタスと春菊の種を蒔く。

第1畑に行き、玉ネギの除草をしたかったが、時間切れで止めた。


除草が少し遅れても玉ねぎは玉になるだろう。

次の休みにはやりたいものだ。


2018年3月12日月曜日

家庭菜園畑の作業記録 イチゴに黒マルチ


8時過ぎに畑に出発。
玄関の横に植えてあるきんもくせいを見ると、昨年の夏の名残りがあった。
必死に葉っぱにつかまっている抜け殻を見るとなんだか元気を頂いたような気持になった。


桜はまだ気配はない。


しかし、よくよく見ると、つぼみは膨らんできていた。
今年は昨年より、開花は早い予想だそうだ。

キャベツの葉の水滴が綺麗だったので1枚。


今年のキャベツの出来は悪い。
大きくならないのだ。
何とか結球はしているが。
夏キャベツはもうすぐ定植する。
大きくなってほしい。
栄養補給しなければいけない。


第2畑。
4月の上旬までには全部耕し、畝を元の方角に戻し立てなければいけない。


第1畑。
今日の作業予定はイチゴの畝の除草と追肥、そして黒マルチ。


この4畝がイチゴの畝だ。
まずは除草と追肥。


綺麗に除草した。
畝の中心に発酵鶏糞をまいた。


黒マルチをかけた。
イチゴとニンニクを黒マルチにカッターナイフで穴を開け引き出した。


液肥の追肥をしっかりやりたい。

4時のチャイムが鳴ってきた。
小学校の生徒たちが帰る時間だ。

私もネギや京ミズナ、ダイコン、レタスなどを収穫して帰ることにした。

お隣で畑をされている方も畑に来ていた。

根深ネギと京水菜を多数お渡しした。

以前いただいたものを娘夫婦にやったら、美味しいと評判だったと・・。

うれしいね。