2015年1月30日金曜日

この頃Chromeが遅い



私はグーグルクロムを使っている。

以前は早かったのに、この頃だんだんと遅くなり、本当にいらいらする。

また昔のファイアフォックスに戻ろうかと思ったりも。

ブログを入力している時、突然、下部の方にメッセージが出てくるようになった。

csi.gstatic.comを待機しています

何のことかわからないが、こいつが邪魔をし、入力する文字に覆いかぶさる。


昔々修理屋をしていた時、パソコンもよく見たことがある。

まあ、中を開いて、修理できるわけではないが。

その時に読んだ、パソコン関連の本に書いてあったのを思い出した。

パソコンは使っていると内部にゴミが貯まる。

そのゴミが動きを悪くする。

ゴミを拾い出し、削除するのが一番と。

もうやり方も忘れてしまった。

クロムの一カ月間の履歴を全部削除することにした。

なんと、なんとメッセージも出なくなった。

入力の変換も早い。


家のゴミもいらいらするがパソコンのゴミもイライラの原因だったのだ。

どちらも掃除をしない、あなたが原因ですよと、パソコンに言われたみたいだ。

反省。


これからは毎月月末には掃除しよう。




2015年1月29日木曜日

散髪 収穫 そして遠近両用の眼鏡を無くした



11月12日以来の散髪に行ってきた。

ぼさぼさの頭がすっきり。

少ない髪の毛がよりバーコードのようになった。

昔々このバーコードの言葉がはやった時なんかは自分の頭髪にこれが来るなんて考えもしなかったが。

散髪が終わりホームセンターへ。
こまごまとした買い物をした。

最後は収穫だ。

第1畑から取りかかった。



 いつものようにネギが収穫の最初。

ネギは自宅用と会社の同僚二人に持って行く。

今年のネギは九条太ネギは最悪だったが、根深ネギのホワイトソードと下仁田ネギは良く出来た。

特に下仁田ネギは茎が太く、長い。

焼いて食べると美味しそうだ。



白菜を10個、キャベツ4個、その他チンゲンサイ、ミズナ、ダイコン等多数収穫。





第2畑では、ブロッコリー、ナバナの花芽、コカブ、ダイコンを収穫。


重たい野菜を持ち、何度も坂道を登り、車に積んだ。



自宅に戻り、PCの電源を入れ、さあ眼鏡をかけようと、ポケットに手を突っ込むと、眼鏡ケースしかない。

眼鏡を無くしたみたいだ。

ホームセンターまではあった記憶がある。

それからの行動は畑だ。

畑で眼鏡は使っていないが、左のポケットに入れていた、眼鏡ケースには入れていなかった。

収穫で動いた時に、ポケットから落ちたのかも。

すぐに、畑に歩いていき、下を向き、さがしたが、見つからなかった。

畑で眼鏡を無くしたのは、これで2回目だ。

1回目は数日後、畦道で偶然見つかった。

私が足で踏んだせいか、傷がついていた。


今はその眼鏡を使っている。

当分眼鏡は買わないことにした。













2015年1月28日水曜日

スカイマーク民事再生法適用申請



えらいニュースが飛び込んできた。

あのANAやJALと共同運航すると言っていた、スカイマークが民事再生法適用を東京地方裁判所に申請とヤフーのニュースで見た。

負債が1000億円超とも。

数年前まだピーチがない頃のスカイマークはいけいけどんどんだったと聞いている。

年間の利益が250億円を超えたとも。

しかし、関西空港に入った頃にはもうその勢いは薄れていた。

すでにピーチが勢いを増しつつあった。

すぐに関空から撤退。

その後A380を6機も購入とのニュースを聞いた時、これはアカンと思った。

そのA380のつなぎとして、A330やミニスカート制服。

次々と失敗し、ついにはお客さまからも見放されてしまった。

航空業界からあまり人気の無いA380を買うということ自体無謀な策だった。


私は、私の勤め人生の中で2度倒産を経験している。

一度は20代半ば、早朝8時会社に着くと鉄のシャッターは閉まっていた。
次々と社員はくるが誰も鍵を持っていない。
10時過ぎになっても。
千里の自宅に行く社員もいた。
突然の倒産である。

2度目は50代の半ば。

開店前の店に突然弁護士数人と警備員がやってきた。
弁護士は令状を掲げた。
数年前から給与を減額され、いつつぶれてもおかしくなかった会社。
みな、突然のことながら、ありうることと納得していたのを記憶から甦った。

スカイマークにお勤めの方も大変な経験をと、自分の経験から思う。

どうか、有力なバックアップを得て、立て直してほしいものだ。

星のマークは消えても、勤めている従業員が消えることなく、お勤め出来、給与をいただき、生活できればいい。

どうか、頑張ってほしい。

私の知っている方も何人かスカイマークに入っている。

あの元気な男勝りの若い女性にも頑張ってほしい。


2015年1月27日火曜日

夏目漱石は読み終えた


電子辞書カシオEX-word XD-U6500の趣味日本文学1000作品にある作家夏目漱石20タイトルを読み終えた。

最後の作品は「明暗」。

1916年(大正5年)5月26日から12月14日まで朝日新聞に連載された。

作者夏目漱石が病気で亡くなったため188回までで未完の作品。

主人公津田由雄、その妻、お延、そして仲人をしていただいた吉川夫婦、津田由雄の妹「お秀」との絡みが主に書かれている。

そうだもう一人忘れてならないのは、金を無心に来る友人小林だ。

津田は仕事はしているが、仕事から得る給与だけでは足りず、京都に住んでいる親に毎月仕送りをしてもらっている。

私からみると自立心が無い男で頼りなさすぎる。
ええ歳して親を頼るなんて、最低だ。

自分の病気の手術後入院している所に見舞いに来た妹「お秀」との会話の一部を妻「お延」に聞かれ、「お延」は不信感を持つ。

そして仲人をしていただいた、吉川夫人がなぜかしら、津田が結婚前付き合っていた「清子」に会うように勧める。
後でわかる事だが、津田は「清子」に理由もわからず突然ふられた。
「清子」はその後「関」さんという所へ嫁に行った。
子供を流産し、温泉に療養しに行っている。

その温泉に吉川夫人は津田に行けと勧めたのだ。

津田はその勧めを受けた。旅費などは吉川夫人が受け持った。

妻「お延」がついて行くと行ったのを、なんやかんや理由をつけて、一人で行くことに。

温泉宿でふられた「清子」にどうして会おうかと、する所なんかの描写は経験した人は良く分かるだろう。

もちろん私なんか、そんな経験は無いのでわからないが。


結婚しても、忘れられない昔の恋人を妻に悟られないように、思い続ける、頼りない男の物語と、私は見た。


カシオ電子辞書にある、夏目漱石20タイトルは終了。

本当に面白く読めた。

読み終えてから、すぐに次の作家の作品を読み始めた。

次は「森鴎外」に決定。

「あそび」「杯」は短編なのですぐに読み終えた。

今は「阿部一族」を読み始めている。
歴史物を読むのは芥川以来だ。


2015年1月26日月曜日

タイバンコク画像 ワット・アルン


王宮を後にすると、すぐに船着き場に到着した。

そこで船に乗り対岸のワット・アルンに行くのだ。

正面に見えるのが大仏塔。約75メートルあるそうだ。



記念写真を撮っていただきました。








此の急斜面の仏塔を登る若者たち。

高所恐怖症の私などはとても無理。

なんせ、南海電車の終点難波駅のあの高い階段を降り御堂筋線の地下鉄に行く時、難波駅の階段の高さに、足がすくむ時があるぐらいなんだから。



安全な地上付近に近い、高い所から、景色を見るのが私には似合っている。



力持ちのヤック(鬼)とモック(猿)が仏塔を支えている。

装飾が綺麗だった。



楽しい時間もあっという間。

次行く場所はワット・ポーです。

大寝釈迦仏のある所です。

次回はここの画像を記録します。


2015年1月25日日曜日

タイバンコク画像 ワット・プラケーオと王宮


観光バスを降りると、高い城壁に囲まれた場所があった。

入口を入ると、軍隊か警察か判別は付かないが、多数の警備されている方がいた。




左から黄金の仏塔。プラ・シー・ラックナー・チェディ、その右隣はプラ・モンドップ。






ここで靴を脱ぎ、中に入る。

大分前に旅行のテレビ番組で見た映像の所にいるんだと思うと、少しだけ感動した。

こんな靴箱に感動するなんて、変だと思うが、これが一度見た記憶があると言う、ある種の懐かしさからくるものかもしれない。

正面の塔は鐘楼。
本堂の南側に立っている。昔は鳴らしていたが、今は殆どならすことは無いらしい。


画像の中心はウィハーン・ガンダーラ。
ガンダーラ様式の仏像を安置。



鐘楼のアップも撮って見た。




撮った画像は整理しても、整理しても300枚は残った。

写真を見る度に思い出す。

写真があるから、それを何度も見て、記憶が定着するのだろう。

楽しかった旅行の映像が頭の中に残る。




今日、仕事は休み。
一日ほとんど、三線の練習に費やした。




2015年1月24日土曜日

タイ バンコクの映像2












楽しかった。

タイ バンコクの旅行を。

思い出しながら、映像を見、要らないのを削除した。

もう一度行きたいと思わせる、タイ バンコク旅行だった。