2016年5月28日土曜日

読書とDuolingo


一日中変な天気だった。

朝起きてスマホのヤフー天気予報を見た。

午前中は曇りで午後から晴れ間もある。

全て誤りだった。

午前中からパラパラと小雨が降り、それがだんだんと本格的な雨になった。

何度、天気予報を見ても、曇りのままだ。

夕方暗くなり始めてから、やっと雨は上がった。

スマホを見ると、過去の天気は雨になっていた。
当然だろう。
過ぎたことも事実と違うとこれは駄目だ。

天気の愚痴で始まったが今日はうれしいことがあった。

仕事の隙間時間にDuolingoを100xpやったこと。
一日の目標が30xpなので、3倍以上もやったことになる。
途中英語レベルも48%から49%になった。
良かった良かった。

同じことを続けていると、急に眠気に襲われることが多い。

そんな時は無理をせず、目をつぶることにしている。

英語の勉強をしている途中、睡魔に襲われた。
1分間目を閉じた。
頭がすっきりした。
英語の勉強を止め、読書に切り替えた。
時間を忘れるほど面白い雑学の本もあと少しで読了だ。

こんなことを繰り返しながら、長い拘束の仕事を楽しんでいる。



今日の自分

①反省
自分の事だけをしゃべってしまった。

②良かったこと
Duolingoを100xpできたこと。

③次やること
昨日に同じ


2016年5月27日金曜日

家庭菜園畑の作業記録:ピーマンの支柱立て その他いろいろ


クリムソンクローバーが発芽していた。
第2畑の周りに種を蒔いた。
畑が赤の花で縁どりされるのを早く見たいものだ。



一畝だけ除草していたニンジンの畝。
二畝目除草完了。
次は間引きに取り掛からなければいけない。


たけのこ芋の畝の除草。
この畝も半分ほど残していた。
全畝完了したら気持ちがいい。
株間に埋めたショウガは全く発芽していなかった。
残念!ショウガは難しい。来年再挑戦したい。


ピーマンとシシトウの畝に支柱を立てた。
これで、株が大きくなっても倒れる心配がない。


モロッコいんげんに花が咲いていた。



ピンクのかわいい花です。

後しばらくすると、インゲンが食べれそう。
まずは天ぷらだろう。


前も言ったが、今年のトマトはいい。
窒素過多の症状は全くない。
今年畝作りの時、肥料を一切やらなかったのが良かったみたいだ。


一段目の花はもう実になっていた。

ピンポン玉くらいになったら追肥をしたい。


2段目の花。
これも綺麗。
窒素過多の症状にあるような花の先から芽が出ていない。
昨年に引き続き豊作が期待できそうだ。



キュウリに雌花が咲いていた。
早速受粉した。

画像の右側がキュウリの畝。
その右側にもう一つキュウリを植えている畝がある。
今年は昨年以上にご近所にお配りしないと多分消化できないだろう。



サツマイモの苗をさらに追加して植えた。
植えたところは玉ねぎの収穫した後の畝。
今年の玉ねぎは最低の出来だった。
あまりに小さくて、平年の半分の大きさしかなかった。
反省を踏まえて、今年は早めに種を蒔き、正常な苗を定植したい。

画像の左の畝は玉ねぎを収穫したのち、除草し、発酵鶏糞を少しだけまき、レーキでならし、黒マルチをかけた。
ここには100均で買ってきた種を蒔くつもりだ。

今日は時間がないのでできない。

次の仕事休みには蒔こう。

紅白はつか大根
時無し大根
ベビーリーフ
はやどりキャベツ
レタス・サラダミックス

を穴開きマルチの穴が5条あるので、一条に1種類縦に蒔こうと考えている。
育った時の姿を想像するだけで楽しい。


今日の自分

①反省 
酒を飲みすぎたこと。

ほろ酔い加減で、好きな中島みゆきさんの音楽をスマホで聞きながら畑作業をするのが最高の楽しみだ。
しかし、つい飲みすぎてしまう。
早く死にたくなければ酒はほどほどにしないといけない。

②良かったこと
Duolingoを何とか40XPやったこと。

畑作業で疲れ、そして飲みすぎで、晩飯後何度も間違え、これではだめだと、ひと眠りした。
目が覚めたら、午後22時58分。まだ今日だった。
急いで、問題に取り組み、23時30分までに40XP完了した。
あ~良かった。これで197日連続達成。

③次やること

□今月中に本を後2冊読むこと
□種まき
□スイカの害獣除けネット設置すること
□シカク豆の支柱
□草刈り機の燃料買うこと



2016年5月26日木曜日

家庭菜園畑の作業記録:サツマイモの苗植え、インゲンの畝に追加の種まき



24勤務から帰ってきた。
今朝は残業で11時半ごろまで仕事だった。
帰ってきたらすでに午後1時前。
朝飯と昼飯を兼ねたのを食べた。
年に二回ある健康診断のために朝飯抜きだったので本当においしかった。
私は朝飯を毎日食べる事にしている。
食べない日は年二回。
健康診断の日だけだ。

畑の上の土手から見ると誰もいない。
たぶん雨が降るという予報だから、誰も来ていないのだろう。



雨が降らないので、我が第2畑は土が乾ききっていた。


第2畑の小屋前に植えているブロッコリーがさらに大きくなっていた。
3個収穫。
一番大きいのは後ほど畑に来られた、方に一つお渡しした。
二番目に大きいのはその兄貴さんにお渡しした。
残った一つは勿論私。


5月20日に蒔いた、ライ麦のライ太郎は発芽していた。
大きくなったら刈り込んでナスやピーマン、スイカの畝にしこう。



スイカも順調。
もう、寒冷紗を外さないといけない。



タキイから購入した夏野菜の畝。
6種全部発芽していた。








キュウリの花が咲いていた。


ネットから離れている株をネットに誘引。


摘心したゴーヤから多数の脇芽が出ていた。
今年も期待できそうだ。



半額になっていた、サツマイモの苗つるを植えた。


まだまだ畝が余っているので、明日相方に追加で買ってきてもらおう。

つるありインゲンの畝追加で種を蒔いた。

最初に蒔いたインゲンが弱くなるころに今日蒔いた種が収穫時期になるだろう。


ニラの捨て刈りをした。



もちろん、プロの捨て刈りではないので、

食べます。

相方がこのニラで餃子を作ってくれました。


2016年5月25日水曜日

読書:時間を忘れるほど面白い 雑学の本


今、読み中の本だ。

面白い。

分かっていることはつまらないと感じるが、分かっていないことは感動し脳が喜ぶのを感じる。

その脳が感動したこととは

●料理店の盛り塩は「お清めのため」ではなかった?

私は嫌なお客様が入らないように、例えば金払いの悪いとか、YAさんとかになんだかな神がかりな合図だと思っていた。

牛を手なづけることだと知って良かった。

完全に真逆の意味だった。

来てほしい人(お客)を招き寄せるおまじないとして、玄関に塩を盛るようになった。

中国の皇帝の絶倫さにビックリするがその皇帝をどう自分の屋敷に引き入れるのかを考えて編み出したらしい。
その妾は賢い。

●イスラム教圏の女性が顔を隠す「本当の理由」とは?

カフィエを被ったほうが涼しいから、あのようにしている。

アラブの暑さは半端ではないとテレビ番組で見たことがある。

しかし、暑いことは暑いがそんな暑さではない、アジア圏の国でカフィエを被っている方は少ない。
そのかわりか、頭髪を布で隠している。
空港でも多く見るようになってきた。
インドネシアやパキスタン、インド、バングラデシュの方が多いように思える。
でも、テレビで見るようなすっぽりとカフィエを被った方は見たことが無い。
旅行客が少ないのか、それとも日本では簡易式にしているのか、一度調べてみたいものだ。

●シマウマは、なぜ目立つシマ模様をしている?

潜在的に疑問を持っていた一つだ。

良かった良かった。疑問が解消できて。

遠くから見た彼らの縞模様が群れになればなるほどくさむらや灌木林のように見える。
そうだったんか。納得です。

●指紋があるのは人間だけなの?

サルにもあるらしい。

私は指紋はあらゆる動物にあると思っていた、かもしれない。

●「始祖鳥が最古のトリ」というのはウソ?

始祖鳥が生きていた当時はすでに完全なトリが飛び回っていたいたことは確かです。

子供時代に刷り込まれたことが絶対的に正しいとは限らない。
常に学習し脳みその記憶を訂正したいものだ。

いろいろあるが

最後に

●水鳥は足を氷水につけたままでも冷たくないの?

なんと、ヒートポンプがある。

その名はワンダーネット。

体と足の体温に差をつけて、二重体温にすることで冷たさを感じないようにしている。

温度の差があるから冷たさを感じる。
温度の差が少ないと冷たさを感じることが少ない。

これからは片足を上げている鳥を見ると、ワンダーネットを思い出そう。


自分の好きなジャンルの本を読んでいると、子供時代にマンガ読んでいる気分になる。

お金はかかるが人生の楽しみには変えられない。

金を残すより、自分自身のこれからの楽しみに使いたい。







2016年5月24日火曜日

読書:ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか


著者:熊谷 徹

何故、休暇が取れないのか

この疑問を少しでも解決できるかも

と、読んでみた。

今日昼過ぎ読了。

私の結論は

日本で有給消化率をドイツ並みにするためには

①法律で強制的に定める

これしかないのかもしれない。

出来ない理由は

ドイツとの国民性が違う。
人生で一番大切なものは休暇と考える国民性。
土日店のシャッターが閉まるなんて日本では考えられない。
商店で働く人も休暇が必要という考えらしい。
そして、休暇の完全消化を強制する会社の上司。
日本では休暇を申請すると、何の用事があるのかと。

しかし、ドイツの仕事の効率はいいらしい。

以前テレビでドイツや北欧の働く職場の長期休暇の取材を見たことがある。
一人の人が2週間休んでも、その人が担当している仕事が回っていく仕組みがあった。
休んでいる彼がいないので分からないと顧客に言えない仕組みがあった。

日本でもできるはず。

今年4月から年間5日間の有給休暇を義務付けた法律がスタートした。
ドイツは30日、日本は5日。
この日にちの差はあっても、まずは法律で規制がかかったことが意義があることだと思う。
そして今まで罰則規定に関してはうやむやになっていたことがはっきりと罰則規定も書いてあった。

②仕事は仕事、人生は仕事だけではない

どうも遠慮するのが日本の雰囲気になっているみたいだ。
上司が残っているので、先に帰れない。
仕事をふりして、PCを見ている。
昼間に出来るのに、これは夜やろうと仕事を後回しにする。

何のために仕事をしているのか

より豊かな人生をおくるためだろう。

家族と会話し、
旅行をし、
気の合う仲間と酒を飲み、おしゃべりする。愚痴はだめよ。
趣味に没頭する。

私の場合、仕事のある日も仕事休みの日も・・

農業に汗を流し、いい野菜を作り、周りの人に喜んでいただくことが喜び。
本を読み、あ~そうだったんだ!と、知らないことを知った時の喜び。
夕方に三線を弾き、薄めの焼酎を飲む、喜び。
英語の勉強をし、今日も先生からよくやったと褒められる、喜び。この年になってもうれしい。
ブログもボケ防止で継続しないと。
家族とネプリーグのクイズ対決をしている時、脳が一段と活性化する。
分からないことが分かり、また意欲がわいてくる喜び。

いろいろある。

もっと時間がほしい。

そして、いろいろしながら、好きな旅行もしたい。

この年になると、休暇がほしければ、だったら辞めれば・・と、言うアドバイスをする人がいる。

止められたらいいがお金も欲しい。
生きるために、よりよい老後を送るためにも、元気で働けるなら働きたい。
毎月休暇を申請すると、たぶん、本気でやめたらと言ってくるだろうな。
これが今の日本かもしれない。
ぼちぼちやるしかないかも。


今日の自分

①反省:ブログの読書感想が愚痴になってしまったこと。

②良かったこと:一冊読了したこと。月8冊読了の目標まで後、2冊。
知り合いと帰りの電車一緒になって、おしゃべりを楽しんだこと。
仕事が8年ぶりに早く終わって、たまっていた番組を5つ見れたこと。

③次やること:今日の目標を達成すること。
Duolingo最低30XP、時間を忘れるほど面白い雑学の本読了すること。


明日も楽しい1日でありますように。






2016年5月23日月曜日

家庭菜園畑の作業記録:水道 除草 水やり 散髪


パイプを切ったままにしていた水タンク。
自宅のガレージにある材料でつなぐことができた。
そのままではつなげないので、塩ビパイプの内側を削り、バーナーで少し温め、塩ビパイプに突っ込み回して押し込んだ。
防水テープを巻き完了だ。


雨水が入るタンクの上部は、タンクのふたに穴をあけ、洗濯ネットを二重にしたこし布をタンクのふたに入れた。
これで雨が降って水が溜まるときにゴミが入らない。

水道工事が終わり、畑に向かった。

今日の予定は

①第1畑の通路の草刈り
②ネギ苗の畝の除草
③たけのこ芋の畝の除草
④ニラの畝の除草
⑤水やり
⑥畑とは関係ないが、バイクST250に乗り、散髪に行く


通路の草は全部刈った。


しまっていた、水引パイプもセットした。



つるありインゲンの畝にある、ネギの苗。
草が生えすぎている。
ネギの苗を傷つけないように、細心の注意を払い、除草した。


いい苗に育っている。
今年は苗を移植せず、このまま育てて、定植しようと思っている。
初めての試みだが、省力化をせねば、本を読む時間が作れない。


たけのこ芋の畝に被せていた、透明マルチを外した。

透明マルチは草が良く生えるというが本当は生えない。
あまりの暑さに草の種が発芽しないみたいだ。
草が生えているのは、透明マルチをカットした、植穴周辺だけだ。
6月に入ると、追肥を兼ねた土寄せをしなければいけない。
いいたけのこ芋を今年も作りたいものだ。

午前中の作業はここまで。

午後3時から、第2畑で除草を開始した。



この畝はニラの畝。
種を蒔いてから何にもお世話をしていない。
草畑になってしまった。


小さなニラの苗を引き抜かないように、これも細心の注意を払い、草を引き抜いた。
ところどころ、何にも生えていないところもあったが、まずまずの出来だと思う。
ニラを大きくして、
毎年、ニラ炒めをたっぷり食べたいものだ。


ニラの除草が終わり、第1と第2畑の水やりをした。
水やりだけで1時間ほどかかる。
レタスと、京水菜、そしてブロッコリーを3個収穫して自宅に戻った。

シャワーを浴び、私の愛車スズキST250に乗り、大阪湾沿いにある、イオンまで行った。
いつもの1000円散髪屋さん。
前回は3月2日に行ったので、2か月と20日ぶりだ。

散髪を終え、100きんに行った。

A6のノートと、麻ひも、そして種を購入。


この種を次の仕事休みには、蒔きたい。



2016年5月22日日曜日

家庭菜園畑の作業記録:水やり


仕事から朝帰ってきて、あまりに眠たいので、少し寝るつもりが、起きたら午後3時半になっていた。

飯を食べ、身支度をして、畑に行くことにした。

雨が降らないので、水やりだ。

めったに水やりはしないのだが、蒔いた種も多いし、苗を植え付けた野も多い。

今が大事だ。

第1畑から取り掛かった。



ネギの苗は順調に育っている。
つるありインゲンの畝の余ったところに、九条太ネギと根深ネギのホワイトソードの種を点まきにしている。
水をたっぷりかけた。



たけのこ芋の畝にも水を張った。

先日植えた畝にも。

カボチャ、シカク豆、ぴーまん、ししとう、ナス、トマト、人参、結球レタス、ミズナとキャベツの畝にも。



これだけ水やりをするのに、約40分かかった。

第1を終え第2畑に向かった。



モロヘイヤが発芽していた。



元気よく発芽している。

他の野菜も順調。



ブロッコリーが大きくなっていた。

後に三日で収穫できそうだ。

第2畑に植えている、スイカ、キュウリ、ゴーヤ、ジャガイモ等々も順調。




第2の水やりを終え、第1畑の戸締りを確認しに行った。

猪の被害がここ1年無いとはいえ、いつ来るかもしれない。

注意を怠らないようにしないといけない。