2014年9月3日水曜日

家庭菜園畑の作業記録:出勤前の水やり



いい天気だ。

先程まで、ビルのガラスに朝日があたり真赤になっていたが、畑に着くとそれはもう無かった。


先日定植したブロッコリーの水やりをせねばと畑に行った。

定植穴を大きく開け、たっぷり水をやったから、1週間ほど水をやらなくてもいいが、たぶん畑を見たい気持ちが強かったんだろう。


ブロッコリーは順調に育ってます。

今のところ、虫の被害は無し。

寒冷紗で覆っていても、毎年虫にやられる。畑に来る度に一株ごとに虫取り作業だ。

水やりを終えて、第1畑に行った。



約十数センチ毎の点蒔きにした人参が発芽していた。

これで一安心。

人参は虫がほとんどつかないので、寒冷紗はかけない。

しかし、キアゲハの幼虫には要注意。

見つけたら、即、抹殺してます。



大根の白秋も順調です。

まだ虫にやられていない。寒冷紗を即かけたおかげか。

先日購入した、 ドウカン DK-801 けずっ太郎 スリムで人参の畝の除草をした。

草がよく取れる。気持ちいいぐらいだ。

この道具はマンさんから紹介いただき、即購入したものです。

ネギの畝や狭い株間の畝に重宝しています。

7時前になった。

仕事だ。





2014年9月1日月曜日

家庭菜園畑の作業記録:ブロッコリーの定植



自家採取したブロッコリーの種で育てた苗。

もう、本葉が二つ三つになった。

植え時です




200穴のセルポットの底の穴に竹を入れ、苗を出した。

もう、根が十分に回っていた。


約40㎝~50㎝間隔で穴を開けた。

その穴にたっぷり水を入れた。


水がひいてから、苗を植え付ける。



植付け後、すぐに寒冷紗をかけて、虫除けです。

アブラナ科の野菜は虫が大好きで、防虫ネットをしないと、今の時期、全滅です。


ブロッコリーの植付け後、本日の次の予定、イチゴの苗採りにかかった。

しかし、10時過ぎから雨が降り始め、10時半ばには本格的になってきた。

本日の作業はここまで。

次の仕事休みの日に持ち越しだ。


自宅に戻り、ハクサイの種を同じく200穴セルポットに蒔いた。

2年前に購入した、無双。
そして、3年前に購入した種、王将。

合計130穴蒔いた。


はたして、発芽するだろうか。

数日様子を見て、発芽しないようだったら、すぐに新しい種を購入し蒔かねばならない。



2014年8月31日日曜日

家庭菜園畑の作業記録:第2畑畝立て


11時前に仕事から帰ってきた。

シャワーを浴び、朝飯兼昼飯を食べ、少し寝た。

午後2時半過ぎから、畑に向かった。

今日の予定は畝立ての続きだ。




今回から初めて、畝幅60センチ、畝間60センチにした。

畝間はたった20㎝だが広く感じる。

たくさん作っても家族だけでは食べきれない。

狭い通路で作業しにくいし、風通しも悪くなり、虫や病気の発生の原因になる。

午後5時過ぎに畝立て完了。

いつものように収穫作業に入った。

ゴーヤを10個、ナーベラを4個、インゲンとオクラ、ナス、ピーマン等々多数収穫した。

お隣の畑の方にゴーヤとインゲンをお裾分けした。


明日の仕事休みは今日立てた畝にまずブロッコリーを定植すること。

その次はイチゴの苗採りと仮植え。

このイチゴの苗採りが時間がかかる。

キャベツを植える所を耕したいがたぶん無理だろう。



2014年8月29日金曜日

旅行雑誌を読んでいる


10月末にタイのバンコクに旅行に行く。


8月21日に旅行雑誌≪まっぷる≫を買い、暇があると読んでいる。

何度も旅行雑誌を読んでいるが、いつも思うことがある。

なかなか、一度読んだだけでは分かりづらい。


3泊4日で二日間しかバンコクで自由時間が無い。


充実した二日間にする為にも、しっかりと見たい行きたい食べたいものをチエックし

他人についていくのではなく、自分の頭で考え、行動したい。


バス、電車、地下鉄、レンタル自転車、そしてオプショナルツアー等々何が一番いいのか

その組み合わせを十分に検討したい。



まだ2カ月先なのにと笑う人もいたが、短い人生、今、自分が楽しいと思えることをする、

他人の批判や他人と比較し劣っているなどと気にすることなく、自分は自分らしく生きたいものだ。



2014年8月28日木曜日

家庭菜園畑の作業記録:除草と和歌山へ



小雨が降っていた。

今日はお通夜だ。

和歌山に夕方から行かねばならない。

それまでに、畑の畝を立てたかった。

鍬で土上げにかかったが水を含んでいて、思うように出来ない。

第2畑周りの草刈りをすることにした。


通路も土手も刈り払い機や草刈鎌、三角ホーを駆使して除草した。

夕方5時過ぎに和歌山に出発。

高速に乗り1時間ちょっとで、着いた。

お通夜の開始は午後7時半から。
あまりに早く着いたので、近くのホームセンターに入ってみた。
買いたいものが一杯だ。
あれもこれもと思うだけでも。

早いが、6時半頃会場に入った。

顔なじみの親戚の方が案内してくれた。

叔父さんは棺の中で安らかに眠っていた。
生前より痩せている感じだった。

極楽でいい酒を飲んでください。



2014年8月27日水曜日

お世話になった方が亡くなった


朝10半過ぎに仕事から帰ってきた。

空を見ると、高層の雲である巻積雲が広がり、右下には積雲が大きくなり高積雲となっていた。

いい天気だ。

畑日和だ。

すぐに行きたかったが、あまり寝ていない、そして空気はさわやかだが日差しは痛い。

ひと眠りして午後から行くことにした。


ごご1時過ぎごろだった。

受話器を持って話していた。

和歌山の私がお世話になった身近な方が亡くなった知らせだった。
事故だったそうだ。
車を運転して道路からはみ出し崖下に落ちたそうだ。

畑用の服に着替えていたがもう行くのをやめた。
身体から力が無くなるのを覚えたから。

そのお世話になった方は私と24歳離れていて今年89歳。

相方の叔父さんにあたる方だ。

私は学校を卒業した年に結婚した。
この沖縄から出てきて、どこの馬の骨かもわからない私に心を開いてくれ、よくお酒を一緒に飲んだ。博学で話も面白く笑顔が素敵な方だった。
農作業も一緒に何度も経験した。何度も叔父さんの家に行き楽しく会話した。

その思い出が次々とよみがえってきた。

叔父さん本当にありがとうございました。
心より感謝しています。
あなたの御恩は一生忘れません。

明日はお通夜です。

夕方和歌山に行きます。


2014年8月25日月曜日

家庭菜園畑の作業記録:除草、畝立て、種蒔き


6時過ぎから、畑作業にかかった。

大阪湾を見ると、靄がかかっていた。風はほとんど無い。
少し蒸し暑いが、おひさんがカンカン照りよりは作業はしやすい。



まず、今日の予定は第2畑のここを耕し、畝立てをすること。

この区画には右からブロッコリー、イチゴを植える。
ブロッコリーの苗も本葉が二つ出来てきたので、いつでも定植できる。
イチゴの苗採りは遅いくらいだ。



いつものように、石灰をまき、先日購入した粒状鶏糞をまき、ごっそりフォークで荒耕しをした。
それから、ヤンマーぽちを数回走らせた。

それが終わり、畝立てをしていたら、疲れが出てきて、別の作業をしなければ
身体が持たないと感じてきた。

ネギ畑の草取りをすることにした。

私の作業のやり方はいつもそうだ。

同じ作業を続けてやっていると、飽きが来て、集中力が無くなり、作業効率が落ちる。


夏の草は成長が早く、すぐに大きくなる。

小さいうちに削り取るのが一番だ。


そこで活躍するのが、この赤い道具。

WOLF Gartenの耕運、除草ツールです。
こいつは意外と高かった。先に着けるものだけで8000円近くした。
耕運が出来ると書いてあったが、私の畑では土が硬いのか全く出来ない。

しかし、芽が少し出たばっかりの草の除草をするのには重宝しています。





あっという間に除草は終わった。

午前中の作業はここまで。

昼、2時半ごろから畑に行き次の作業にかかった。

今日の予定の二つめ。
大根と人参の種を蒔くこと。



先日耕し畝立てをした所は土が硬くなり、草も生えてきていた。
WOLF Gartenのツールで削り取った。
耕すのは歯が立たないので、鍬で耕し、レーキでならした。


人参の種はタキイのDr.カロテン5。

約10㎝間隔の点蒔きにした。種は二粒ずつ。



2012年から蒔き続けている大根の種。
細長く、漬物に最適な≪白秋≫だ。私は数年前からこの種しか大根は作らなくなった。

種蒔きを終え、大根にはすぐに寒冷紗の防虫ネットで畝をトンネルで覆った。
そうしないと、発芽したら害虫の餌食になる。
一番多いのはあの黒い虫です。ナノクロムシといい、カブラハバチの幼虫らしい。


トンネルをかけ終え、未完成の畝立て作業にかかった。


暑い。


持ってきた900mlのスポーツドリンクも全部飲みほした。

熱中症なったらやばいから、もう帰ろうと思った。

そうだ、トマトがある。

赤く生ったトマトを4個もぎ取り、全部食べた。

これで、元気が出た。



午後、5時半まで作業をした。

収穫と片付けに時間がかかるので、本日の作業はここまで。

まだまだ生っている、ツルアリインゲンのケンタッキー101を収穫。
オクラ、ナス、ゴーヤ、へちま(なーべら)、カボチャ等々を収穫した。

次の仕事休みには、畝を完成させたい。
そして、8月末までにはブロッコリーとキャベツの定植をしたいものだ。