2014年10月1日水曜日

畑見回り


出勤前の畑見回りに行ってきた。

上の画像は白菜です。

苗が余ってしまって、更に小さすぎた。
しかし、捨てるのは惜しいので、あいている畝に植えた。

なんと、全部活着し、中には本当の定植畝より大きい苗もある。

次の仕事休みには、畑に行き、株を移植せねばならない。



 こちらはキャベツの畝。

左も右も同じキャベツだ。

しかし、大きさと活着率が全く違う。






左の畝は全部の苗が活着し、もう大分大きく育ち

これは、キャベツだとすぐに分かる。
















右の畝は、苗が絶えた、穴あきが多く、活着した苗も小さい。


なんでだろうと考えた。

左から植えていた。

良い苗から先に植えた。

あとになる程、どんどん小さくなり、苗が弱い苗も多かった、

ん、だろう。


まさか、畝全体がいやちになっているわけではないだろう。


特に、アブラナ科の中でもキャベツは連作障害が少ないと聞いているので。

ここに、アブラナ科を植えたのはもう4.5年前だ。

この開いた株の所に、さっきの白菜を移植したらどうだろうか。

白菜とキャベツを同じ畝に混ぜて植える、あまり聞いたことが無いがなにか面白そうだ。


そろそろ出勤の時間となった。

今日も仕事、頑張るぞ~。


2014年9月29日月曜日

DIY:サンルーム


畑に行きたいのを、我慢して、サンルーム造りをすることにした。

今日の予定は東と北の壁、コンパネを張ること。

出来れば、透湿防水シートも張りたい。



朝、8時から取りかかった。

11時頃、腹が減り、早めの昼食。


1時間の休憩。

それから4時まで頑張った。



なんとか、全壁のコンパネ張りは終了した。

次は窓枠の防水処理と、透湿防水シートを張り、プラ厚板窓枠作り等々。

なんとか、10月中には完成させたいものだ。


2014年9月28日日曜日

柿が色づいてきた



庭の柿の実が色づいてきた。



毎年、多く、生理落果する。

今年もたくさん落ちたが、生っている実がそれを超えるくらい多いので、まだこれだけ残った。

今年は我家の柿が食えるかもしれない。


2014年9月27日土曜日

家庭菜園畑の作業記録:出勤前の畑見回り


数日行っていない畑が気になった。

5時45分頃、畑に着いた。

第2畑に入り、奥の川べりの土手上を見ると、カラスウリノ花が咲いていた。

カラス瓜の花は、夜に咲き、明るくなるとしぼむ。

同じ所で夜の花を撮ったことがある。

花の周りの綿毛見たいのが、広がっていて、それは豪華で綺麗だった。


水やりでもしなければいけないのかなあと、気にしていたが、その必要は無かった。



数日前の深夜、台風16号崩れの温帯低気圧が通った時の大雨で、まだ畑の土は濡れていた。

畑の野菜達は順調だった。



2回目に蒔いた大根。

もう、間引き時期になった。








上の画像のアブラナはこの間の大雨にやられて、倒れていた。

まあ、それでもすぐ起き上がるだろう。



白菜も順調。



手前の大根はもう寒冷紗を押し上げていた。

寒冷紗の意味が無いので、次の仕事休みには取ろう。
そして、追肥と土寄せをせねばならない。

その大根の奥のキャベツは数株が消えていた。

小さな苗だったので、たぶん駄目な苗だったんだろう。

それでも40株程あるので、十分だ。


そろそろ仕事に行く時間になった。

今日も頑張ってきます。

明日仕事から帰ってきたら、畑に行き、色々作業したい。


2014年9月24日水曜日

収穫 そして ツバメ


二日続きの仕事から、朝10半過ぎに帰ってきた。

雨が降らない、仕事でまる二日も畑に行っていない。

今晩台風16号崩れの温帯低気圧で、関西地方は大雨になるそうだ。

しかし、その雨が降るまで待っておれない。

畑に行き水やりだ。

上の画像の第1畑にまず水やり。



相方から注文をいただいていた、小屋に吊るしてあるタマネギを収穫。

そして九条太ネギも地際から約5㎝の所でハサミでカットして収穫。

九条ネギは軟らかく甘みがあって本当においしい。
カットしてしばらくするとまた大きくなるので翌年の3月頃まで美味しくいただけます。

左の根深ネギのホワイトソード。10月初旬に鶏糞の肥料と土寄せをし、10月末頃から徐々に収穫する。すき焼きにはかかせません。


ナーベラも5、6本収穫した。

いつまでも良く生るもんだ。


オクラも相変わらず、良く花が咲き、収穫できる。

いつものケンタッキー101の蔓ありインゲンとナスを収穫し、バケツ一杯になった所で

第2畑の水やりをし、本日の畑作業は終了。



自宅に戻る途中の坂道で、電柱の線にびっしり止まっている、ツバメを発見。

本当に画像の左の架線にびっしりだった。

カメラを向けると、一斉に飛び立ってしまった。

そろそろ南の島に帰る頃なんだろう。

いつ、出発しようかと、全体会議でもやっていたのかもしれない。





8月3日に畑作業をしていると、ツバメが朝飯を食べに、畑の上にやってきて乱舞していたのを思い出した。

早速ピカサのデーターを探して、ユーチューブで埋め込みコードを作成し、貼り付けた。

これで、ある日のツバメさんとの記憶が残るだろう。




2014年9月22日月曜日

白菜とキャベツ




9月21日早朝の第1畑。

左から、人参、ダイコン、キャベツ2畝。


小さな本葉が二つ出ただけで、定植したキャベツの苗もやっとキャベツと分かるようになってきた。




9月17日に定植した白菜。

これも本当に小さな苗だった。


たった4日で白菜らしくなってきた。

これぐらいになれば一安心です。


話題はかわるが

9月21日、MLBの田中将大投手が復帰第1戦で好投し、13勝目をあげた。
インタビューの受け答えも、本当に真面目で前向きな好青年だ。
無理せず、大先輩の野茂秀雄さんと同じくらい、いやそれ以上MLBで活躍してほしいものだ。


台風16号が近づいている。

私の住んでいる所ではこの頃雨が降っていないので、少しの雨ならいいが、大雨は嫌だ。
畑の排水が悪いので、苗がつかると駄目になる。
風が強いと、防虫ネットが飛ばされ、虫にやられる。

考えても、台風はどうしようもない。

畑の排水溝を深くするぐらいの対策はしよう。



2014年9月21日日曜日

DIY:サンルーム


早朝は畑に行き水やりをした。
キャベツも白菜も順調に育っていた。明日にでも画像の記録を記しておこうと思う。

9時過ぎから、サンルームに取りかかった。

今日の予定は南側の壁面にコンパネを張り、透湿防水シートを張り、胴縁をつけること。

早速採寸。

採寸した数値に従って、コンパネを切断。
壁に持って行き、合した。
全く違った。
何が原因なのか。よくよく考えたらわかった。
コンパネの右端、下から280の所、上から280測り、切断していた。
もったいないので、そのまま使うことにした。
上の勾配に合した。下の隙間は三角にコンパネを伐り、隙間を埋めた。
一番上の波板を支えている、横桟との隙間は胴縁に使う板に切り込みを入れ、取り付けた。

次の作業は防水だ。


日東電工の住宅防水気密、

全天テープ両面プチルで

水がしみこみそうな所を張った。

左側の壁との隙間も、アルミサッシの窓の横も上も

隙間なく張った。


特にアルミサッシの枠は重点的に、水がしみこまないようにした。




それが終わり、防水・透湿シートを張った。

相方に手伝ってもらった。

一人で張れんことも無いが、片方持ってくれるだけで、作業がはかどる。

全天テープを張っているおかげで、防水・透湿シートが張りやすかった。

ガンタッカーで止め、余ったシートをカッターで切り、完成だ。

胴縁まで打ちつけようと思ったが、時間は4時過ぎ。

本日はここまで。

今日は日曜日なので、夕方のだんらんを邪魔したら駄目だ。

次の仕事休みには、まず胴縁を打ち付け、東側のコンパネ張りにかかりたい。

ここは時間がかかりそうだ。

アルミサッシだけでなく、壁をプラスチックの厚板でするので、この枠作りに手間がかかる。

今度は失敗しないようにしっかりと検討し作業にかからないといけない。